スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

笹短歌ドットコム「猫」

笹公人先生のblogにて、今月も2首選んでいただきました。


・愛猫の背中を撫でる延長で私に触れるあなたが嫌い(小林ちい)
 *愛猫=あいびょう

・黒猫が高く鋭くジャンプする月に登ろうとしてるみたいに


そしてボツ3首------------------

・私にはできないことをしてのけるあなたの膝の上の黒猫

・嫌々で付けた猫耳誉められても別に嬉しくにゃいんだからね

・もうだいぶ剥がされたけど後二匹被っているから脱がせてほしい


難しいですね。
犬より猫派ですが飼ったことはなく、どんな行動をとっているのか分からなくて。
皆さんも同じだと思いますが、
自分から遠いテーマをどう詠むか、どう自分に近づけるか、日々悩んでいます。

でも今回の5首はどれも私らしい部分を詠み込めたので
そこだけは良かったな^^
これから他のみなさんの歌をじーっくり読み解いていこうと思います。

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

Secret

No title

愛猫の背中を撫でる延長で私に触れるあなたが嫌い

この歌、今回の猫短歌のなかで私の一番のお気に入りです。「女」はよく「猫」にたとえられますが、同じように扱われるのは嬉しくないですよね。我が家はまだ猫を飼っていませんが、飼い始めてこの歌のようなことが起きたら、私はきっと怒るに違いありません。

中森つんさま

5首の中で愛猫の歌が好きってことかな?どうもありがとうございます♪嬉しいです。私はつんさんの羽根の歌がお気に入りです。

この歌は作る時に妄想が行き過ぎて、脳内でショートストーリーになってしまいました。だから思い入れもひとしお。でも私も実際にされたらイジけると思います(笑)
関係ないけど、猫って所謂ツンデレな感じがとても好きです。生まれ変われるなら猫も良いな。と思います。
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
うたらばブログパーツ
プロフィール

小林ちい

Author:小林ちい
- - - - - - - - -
ようこそお越し下さいました。
お茶はお出しできませんが、
ごゆっくりどうぞ!

FC2カウンター
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。