スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12月のうた/歌うたいのエチュード

『歌うたいのエチュード』

私にしか詠めないものはありますか恐れるたびに叩くEnter

初句切れよ そのときめきを説き合って二人の二十六字は暮れる

水分をたたえた若い恋だからどこを切っても歌が溢れる

からっぽの器に君が満ちてきて音が鳴るんだ歌になるんだ

夜に星、食卓に塩、そんな風に私には歌 歌だけはある

掴んでは捨てて拾って押しやって三十一字だけが残った

朝露の眩しい原っぱに開く誰も知らない言の葉を摘む

たとえ明日私が消えてもその胸で息づくように歌を捧げる

<未来2012/12月号>

*こんげつのよだん
1月からの詠草「エチュード」もこれで一区切りになりました。
先日、これらの歌を携えて歌会に参加し、たくさんの刺激をいただいてきました。
迷ってくじけて…安定のネガティブさですが、来年も自分らしく歌って行きたいと思います。
今年お世話になったみなさまありがとうございました。
引き続きよろしくお願いいたします。

2012.12.31

コメント

Secret

カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
うたらばブログパーツ
プロフィール

小林ちい

Author:小林ちい
- - - - - - - - -
ようこそお越し下さいました。
お茶はお出しできませんが、
ごゆっくりどうぞ!

FC2カウンター
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。