スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6月のうた

今月のうたは、昨年詠んだものの続きとなっています。そのときの記事は こちら にあります。(震災詠です。気分を害される方もいるかもしれませんが)もし宜しければ、併せてご覧ください。

『三月のこと(一年の後に)』

何十回、何百回とかけ続けそれでも繋がらなかった電話

YouTubeは見知った道を映し出し川の淵から水あふれだす

(この辺でこうならあっちは駄目だわな)心を磨り減らす先回り

何もできない己を呪う側へ行くことさえ叶わない早春に

町の名をニュースに聞けば次々と浮かぶその地に住む友の顔

穏やかに広がるだけの海でした。やっと帰省が叶う頃には

手を強く握る確かに温い手を「大変だったわ」と呟く祖母の *ルビ/大変:てん

生きていることがどれほど尊いか 母がぎゅっぎゅと握るおむすび

あの日の私が恐れたことの幾つかは生涯家族には話すまい

一年が過ぎ弟は電話など寄越さなくなる 以前のように

<未来2012/6月号掲載>

おかげ様で家族は元気で、私は震災前よりも甘ったれに磨きがかかりました。帰省するたび母親にべったりです。あのとき励まして下さった友人や、先生・彗星集の皆様のご厚意はきっと忘れません。ありがとうございました。来月からはまたいつものエチュードに戻ります。

コメント

Secret

カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
うたらばブログパーツ
プロフィール

小林ちい

Author:小林ちい
- - - - - - - - -
ようこそお越し下さいました。
お茶はお出しできませんが、
ごゆっくりどうぞ!

FC2カウンター
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。