スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4月の歌

『初詣でのエチュード』

この道は波の来た道 神社へと向かう車中で会話が止まる

冬の雲 北国らしい色をして母の項に雪を降らせる (項:うなじ)

本殿へ続く階段昇りおり跳ねる草履をしかられながら

真新しい灯籠が立つ 今年こそ穏やかな年になりますように

来年もまた来ようねという声が響いて消える塩竃神社

<未来2012/4月号掲載より>

*こんげつのよだん
1月送稿分なので、今更初詣でです。季節感なくてすいません。
冬に帰省した際、母と出掛けた日のことを詠みました。雪の降る中訪れた神社では、妙にきれいな灯籠を見つけました。それは単に、新しく追加されたのかもしれません。でももしかしたら古いのが地震で倒れて壊れてしまったのかなとも思いました。今年は穏やかな年になれば良いと心から思います。

コメント

Secret

カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
うたらばブログパーツ
プロフィール

小林ちい

Author:小林ちい
- - - - - - - - -
ようこそお越し下さいました。
お茶はお出しできませんが、
ごゆっくりどうぞ!

FC2カウンター
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。