スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西行祭短歌「桜」

ご報告です。
小石川後楽園「第2回 西行祭短歌」で入賞のご連絡をいただき、講演と講評会に行ってきました。当日は会場で紗都子さんを発見!二人で入選を喜び合いました(その目映い一首は御blogでどうぞ)。余談ですが、二人は今年度3度目の共演♪うふふ。では入選歌です

題詠「桜」入選 三席
寄り添えば一つで足りるビニル傘さして桜の雨を行こうよ

この歌は長いこと放置していたパーツ(寄り添えば傘は一つで足りるから)が元になっています。2月3日の夜にこれを思い出し、何度か推敲して今の形になりました。個人的に桜と雨の組み合わせは憂鬱ですが、逆にそれを楽しめる歌が詠みたいなと。(ちなみに思い出したきっかけはTwitter。節分の夜になぜか即詠が始まり、私は「寄り添えば明日からは春 縷々と降る雨を一つの傘で行こうよ」と詠みました。二句は立春を表しています。あ、「縷々と」はテツさんからの一語摘みです。どうりで小林にしては難しい 笑)

saigyosai

写真はいただいた賞状と、小石川後楽園でとれたという瓢箪♪ちゃんと栓がしてある!日本酒でも入れて持ち歩こうかな(←下戸のくせに)。他に入選歌の書かれた短冊もいただきました。やったね(*^^*)v

当日は生憎の雨でしたが、柳宣宏さんの講演が面白く(もっと聞きたかった!)、私の歌を一番にとって下さった桜井登世子さんの講評も聞けたし(たっぷり!)、加藤先生にも約2年振りにご挨拶&おしゃべり。
いやー、今年どころか、来年の運も使っちゃったな。参ったね。

コメント

Secret

No title

こんばんは ちいさん
あらためて、おめでとうございます。\(^o^)/

ビニル傘という道具だてが良いですね。
透明だから桜のはなびらの降る様が見えるわけです。
行こうよ、という軽い呼びかけと相まって
明るくて軽快な感じが伝わってきます。
まさにちいさんらしい歌だなって思いました。(^_^)


麦太朗さま

麦さま、ありがとうございます!

ビニル傘良いですか!
私は忘れるのが怖いので、普段からビニがさ派なのですが
桜の時期は普通の傘より雨を楽しめる気がします!

このうたを「らしい」と言っていただけるのは
本当に嬉しいです\(^^)/(照れくさいけど 笑)
読んでいただきありがとうございました♪
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
うたらばブログパーツ
プロフィール

小林ちい

Author:小林ちい
- - - - - - - - -
ようこそお越し下さいました。
お茶はお出しできませんが、
ごゆっくりどうぞ!

FC2カウンター
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。