スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NHK短歌「間」

2011/11/27 NHK短歌 題詠「間」〈入選/佐伯裕子選〉

間奏をいとおしむように「俺と」から続くあなたの言葉を待った

俺と、と言ってあなたは口ごもって
わたしは胸の中に小さな予感を見つける、
うまく言葉にできない
なにか幸せな予感。

あなたは何を言おうとしているの、
その唇が再び動くまでの
この永遠にも似た沈黙がとても愛しい。



本年二度目の入選です。
佐伯先生ありがとうございました(泣)女性ならではの歌と評していただきました。
そして、前回「青」に続きまた紗都子さんとご一緒でき嬉しさも倍増でした♪

コメント

Secret

No title

入選おめでとうございます!
早朝の冷え込んだ部屋の温度が1℃はあがりましたよ(笑)

はじめ女性が「確信」をもって告白を受け止めようとしている場面を想起したのですが、「小さな予感」と聞いて、そのさりげなさがさらにいとおしく、一段と良いなあと思いました。
「俺」さんのほうには全く余裕がなくて、結局この後「牛丼食いに行こう」とか言ってしまうかもしれないけどw、それでも一生色あせないような形にきらきらした間(ま)を余すとこなく表現されたなと感じ入って拝見しました。
歌のなかで、「いとおしむ」を「愛おしむ」とされなかったところ、あざとくしたくないというか、大事に包むようにしておきたいというような気持ちが込められているように(勝手に)思って、こちらも「きゅん」なポイントです(笑)

「布巾」「りんちゃん」などなどに続く幸せな一瞬。
添えられた言葉とともにとっても素敵でした!

飯田さま

飯田さん、いつもありがとうございます。
部屋の温度は上がりましたか。こちらのフトコロは寒いままです。

> はじめ女性が「確信」をもって告白を受け止めようとしている場面を想起したのですが
そう読む方が自然だと思います。だからこその「女性にしか詠めない」だと思いますし。後付けの文章は蛇足ですので。それにこの女性の「予感」という言葉も、本当は何を言われるか手に取るように分かっているくせにその上での演技かもしれませんので、騙されませんように。ここは舞台、わたしたちは女優よ、と財前直見も言っていました(←違う)。

幸せな歌もいいものです。私自身、幸せなうたより、悲しいうた切ないうたに魅かれがちなので、幸せな歌が詠めるととても嬉しいです。
ありがとうございました。

はじめまして

はじめまして。
NHK短歌を見ていたらとっても素敵な歌だと思い、検索してみたらここにたどり着きました。
本当に素敵な歌だったのでノートに書きとめてしまいました!
普段はあまり見ない番組なのですが、今度からはチェックしてみようと思います。

入選おめでとうございます(^^)

オレンジさま

オレンジさまこんにちは。はじめまして。
放送で目にとめていただいただけでも嬉しいのに、ご丁寧にコメントまでいただき本当にありがとうございます(^^)
下手の横好きと申しますか、だらだら続けている身でして(苦笑)。なかなか上手に作れずもんもんと悩むことも多いのですが、感想を聞かせていただいてとっても励みになりました♪頑張りまっす!
また、ここは短歌しかないブログですがどうぞ気が向いたら遊びに来てやって下さい。
ありがとうございました(ふかぶかと礼)。
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
うたらばブログパーツ
プロフィール

小林ちい

Author:小林ちい
- - - - - - - - -
ようこそお越し下さいました。
お茶はお出しできませんが、
ごゆっくりどうぞ!

FC2カウンター
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。