スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8月のうた

8月のうたです。
お気軽にコメントお聞かせください。

『ひとり上手』

大人らしい大人でいたいこんな日は林檎のジャムを解凍しよう

無意識に何度も噴いたリセッシュで彼のにおいが消えてしまうよ

「寂しくて泣きたい夜もあるだろうが見てない所で泣くのはおよし」

少しずつ一人上手になってゆくもうすぐ粗のとれるアラサー

誰も手を伸ばしてくれやしないので森林浴(リセッシュ)の香に抱かれて眠る

 <未来2011/08月号より抜粋>

・・・・・
今ごろ8月分の更新ですが、べ、別に忘れていた訳じゃないんだからね!めんど……どれを載せるか吟味していました。9月号ももう届いていますが、多分アップしないと思います。

内容はというと。決してリセッシュの回し者ではありません。

コメント

Secret

No title

ちい姉こんばんは。「ちい姉はファ○リーズよりもリセッシュ派なのかしら」と思う今日この頃です。うふふ。「ひとり上手」は中島みゆきさんの曲名からでしょうか。道に倒れて誰かの名前を呼び続けたことは流石にありません。済みません。それは「わかれうた」でした。でも三首目はみゆきさんの歌詞のような雰囲気を感じました。消臭剤って香りを消すと同時に香りを付けるものなんですよね。切ないです。消臭力のミゲル君は歌が上手過ぎてもはやライバルですが、でも可愛いです。林檎って甘かったり酸っぱかったり、大人の世界そのものですね。「大人らしい大人って何だろう?」と思いながらも一首目に惹かれます。「粗のとれるアラサー」ってリリックのようにさりげなく詠めるちい姉はやっぱり素敵だと思います。

感想です

こんばんわ。
「お気軽に」でもなく、おどおどしていますが書かせていただきます。よろしくお願いします。

一首目 林檎、お好きですね(笑)アダムとイヴの話、「林檎の香のごとく降れ」の白秋の歌もありました。
「解凍する」からジャムも冷凍しとかないと使い切れない暮らしなんだなと想像したりしました。
でも、好みでいうと「大人→林檎のジャム解凍」というのが上手いけど仕掛けがギラギラした感じでちょい減点。

二首目 「無意識に何度も噴く」に精神的にやや病んでる感じ(←おいw)がナチュラルにでてて面白いなと思いました。

三首目 鏡に向かって自身に言ってるのかなと思いました。第三句の字余りがいい感じなだけに、第四句はなんとか整理したらもっと良かった気もしました。

四首目 タイトルの歌。はじめ足らないというか、「少しずつ」や「もうすぐ」がなんとかなるかなとも思いましたが、これぐらい散らかさないで置いたほうがあとのだじゃれ、じゃなくて修辞が冴えるという点で考えれば考えるほど隙が無いなと思い直しています。最後のほうに配したのも上手いですね。。

五首目 「くれやしない」がいい感じにいじけてて、リセッシュ被せてきたのもいいかな。人工的な「森の香り」は個人的には苦手だけど笑

テーマがある意味重いしおそらく狭い空間でのことだから仕方ないのだと思いますが、空間的、時間的に転換があるともっといい感じな気も。(鍋の泡を見つめる深夜の孤独の歌みたいな)
でも今回でこちらでこのカテゴリを拝見するの13回目ですが、全体のなかの一連としては面白いなと思いました。

大人の事情で割愛もあるのでしょうが、だめかなと言う奴もなるべくみせていただけたら嬉しいです。

龍翔さま

龍翔さんこんばんは。お返事遅くなりすみません。
私もある方の歌にファブリーズを見つけて「おおっ」と思いました。うちはリセッシュを使っております。多分たまたま安かったから。こだわりはないの(笑)
中島みゆきのよう、とは今まで受けたことのない感想でかなり新鮮でした。「ひとり上手」という歌は知りませんでしたが、わかれうたは聞いたことがあります。あの世界観は私には作れないなあ。魅力的だけど。
大人らしい大人、に立派な意味はこもっていません(汗。私自身が「大人のくせに子どもっぽい」ので、取り乱さない大人くらいの意味です。そろそろ粗が取れるのでw
コメントありがとうございます!

飯田和馬さま

飯田さん、こんばんは。
コメントありがとうございます!記事より読み応えありますね(笑)

1首目、林檎たしかに何首か詠んでます!そっか好きなのか!林檎ジャムは作りすぎちゃって冷凍してた、みたいなイメージでした。この部分はあまり気負わず自然に作ったので、「仕掛けギラギラ」というのがどのへんのことなのかよくわかりませんでした(´・ω・`)今度教えてください。無料で。

3首目、自分に言っているのが伝わりましたか。良かった。問題は四句ですね、ふむふむ。

4首目、駄洒落じゃありません。ありません。二度言う。今は一人でいることがだんだんデフォルトみたいになって、まさにこんな感じです。実物は粗だらけですけれどもw 少しずつとかもうすぐ、言葉の選択が甘いでしょうか。他に言いようがないしどちらも必要な言葉なんですよね。どうしようかな。うーん。

2・5首目、リセッシュ私は緑茶成分配合を愛用しています(どうでもいい)。リセッシュの香りしか抱きしめてくれるものがないなんて、我ながらほんと寂しい歌だなと感慨深いですww

> 空間的、時間的に転換があるともっといい感じな気も
という部分の答えになるか分かりませんが、他に料理する・掃除・洗濯物をたたむなどの歌がありましたがボツになったり、合わないなと思ったりして割愛しました。全部お見せできればいいのですが、大抵3ヶ月のタイムラグがあるので後から見たときにつまらなくて外すときもあります。

ほんといつも細部まで読んでアドバイスいただき、飯田さんには感謝しています。情けない話、いまいちどこが良いのか/どういけないのかを嗅ぎ取るセンスがないのでコメントとても勉強になります。正直言えば歌を作ること自体を楽しめなかったり疑問に思ったりするときもあるのですが、上手に付き合って行きたいと思います。

遅ればせながら

こんばんは。毎度毎度の今頃かよ、なタイミングで感想です。
毎月の歌はいつも考えすぎてコメントしそびれます。
肩に力を入れずに簡潔に、って長くなってます。

二首目がよいですね。不要なにおいを消す道具で消えてしまう彼のにおい。必要であったのか、それとももはや不要なのか、いろいろ思いを巡らすことができます。(ところでリセッシュって、消臭剤でよいのですよね?そのへんは疎い者なので・・・)

一首目「解凍しよう」が弱いと思います。解凍したリンゴジャムでは香りが弱そうで、僕には大人というイメージには弱いです。「雪よ林檎の香のごとく降れ」は大人の香り、清らかな不倫(?)が想像されますが。冷凍?うーむ、何がよいでしょうかね。

三首目、ストレートですかねえ。くびれがほしい!(そう、ちいさんのように)

四首目、「一人上手」が表題になっていますけれど、「一人で過ごすことに(不本意に思いつつも)慣れてしまう」という意味を一目でとってもらえるか疑問です。「粗のとれるアラサー」う~む、言葉遊びのように見えてもったいないような。

五首目、自然ですね。一首では弱めかもしれませんが、二首目を受けているとすれば、この着地でよいのかなあと思ったりしました。ちょっと自分で結論がついていません。

お誕生日、もう迎えられたのでしょうか。おめでとうございます!素敵な十年を過ごされますことを。僕ももう少ししたら後に続きます!

Tata

たたさま

こんにちは!ありがとうございます。お返事遅くなりすみません。

二首目、良いですか。おお。リセッシュのような消臭剤って覚えていたい匂いまで消してしまうだろうと感じて詠みました。頭の中では彼の匂いを覚えていたいと思いながら、体が勝手にシュッとしてしまって後悔、みたいな。

一首目、弱いですか。私にはジャムを煮て冷凍する行為がもう<ザ・大人~女性らしい女性~>なんですが(私本人と違って 笑)。念のため付け足しますが、不倫の歌ではありません。

三首目、くびれがないのが悩みでねえ。……ほっといて。ちょっと芝居がかった台詞まわし自分ではけっこう好きなんですけど。残念。

四首目は言葉遊びありきなので私はもったいなくは感じていないです♪自分の置かれた(幸せとは言えない)現状を洒落にしちゃうかんじ、大人だと思って。この連作の中だとたたさんの解釈通り「一人で過ごすことに(不本意に思いつつも)慣れてしまう」ととれますし、一首で見たときはもう少し前向きに読んでもらえたらそれはそれで嬉しいです。

五首目、アロマキャンドルとかお香とかシャネルの5番に抱かれて眠るのが本当の意味で大人の女性かもしれません。リセッシュってところがちょっと残念な方向にずれていて私らしいと思います(笑)

お誕生日ありがとうございます。今年こそは良い女を目指します!
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
うたらばブログパーツ
プロフィール

小林ちい

Author:小林ちい
- - - - - - - - -
ようこそお越し下さいました。
お茶はお出しできませんが、
ごゆっくりどうぞ!

FC2カウンター
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。