スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7月のうた

今月の歌 ~初夏のぷち短報告をそえて~

『自転車』

 漕いだぶん進むシステム単純な構造がいい漕いだら進む

 パンパンに空気を入れたら後輪が待ちきれないと転がりだした

 漕いでも漕いでも疲れないです不思議ですこのまま泉まで行けそうです

 ただでさえ弾けてしまう春なのにパンパンのタイヤ@砂利道

 スピードをぐんと上げれば両膝はまるで無重力の疲労感

 鳥に追い抜かれて雲に追いついて日暮れまでもう少し行けそう

 あの日手を放されてぐらつきながら自分で探してきた道標

 倒れたら起こす倒されたら起きるそれだけのこと自転車のように

 <2011/07月号>

・・・・・

7月17日放送 ぷち短 企画テーマ「自転車」で天野慶さんに一番最後の歌をとっていただきました。何を隠そう、自転車の発想はもう出がらししか残っておらず(笑)ここから出しちゃいました。 @はそのままアットとお読みいただければ幸いです。

コメント

Secret

No title

こんばんは ちいさん

一、三、八首目がお気に入りです。(^_^)
自転車の歌にはリフレインがマッチする
ような気がします。


No title

こんばんは、ちょろ玉です。
いつも拝見させていただいていましたが、こちらでは初めまして。笑
僕が特に気に入ったのは、二首目と六首目です。
(あれっ!麦太朗さんと全然かぶってない!笑)
六首目は積極的な句またがりが、力いっぱい自転車をこいでいるイメージを
湧き起こしてくれている気がします。とても勉強になります☆

麦さま

麦太朗さん、こんにちは。

リフレイン合いますか(^^)やった
はじめ抜粋して五首だけ載せるべく三首目カットの予定でしたが
気に入っていただけたなら出してよかった♪
どうもありがとうございます。

ちょろ玉さま

ちょ、ちょろ玉さんようこそ☆ 散らかってますけど!!
あー来るって分かってたら掃除しておいたのに←

2&6首目…ほんと、麦さんとかぶってない!(喜んで良いのか悪いのか 笑)
6首目の跨がりすぎにはちょっとびくびくしていたのですが
肯定的にとっていただけて嬉しいです。
こちらこそちょろ玉さんのご活躍にいつも勉強させていただいてます(^^
どうぞ、よろしく。

遅くなりましたが…

こんばんは。
「8888」を踏みそこなった者です(笑)

さわやかな一連だなあと拝読しました。
3首目、「独り実況中継」。これすごい好きです。一気に作中主体に近づいた気になります。「泉」というのも面白いし。ひょっとして「泉」と書いて「スタバ」と読む?(笑)

5首目以降の場面転換も鮮やかで素敵ですね。
6首目は「白鳥が通学路上空を~」という話をうかがってから景色がぐっと立ち上がって見方が変わった歌です。
またそう考えると8首目が都会の駐輪場にある「本当の現在」として読めて、一連に青春時代から大人として強く生きるという決意に至るまでの軌跡を見せてもらったような気もしました。

飯田さま

飯田さん、こんばんは
ありがとうございます。踏みそこないましたか(笑)実は私も見逃しました。

さわやかな一連ですか!嬉しいです。
3首目がお好きですか。意外。散文すぎると指摘も覚悟していましたので。泉=スタバwwさすがに深読みですね。おもしろい。

実は裏テーマが暗かったのでどうにか隠せて良かった(笑)
8首目は他の歌たちをまとめる、気持ちのこもった一首です。
自転車のように、倒れたら起こす。倒されたら起きる。それだけ。漕いだぶん進む自転車のように、やっただけ進む。苦しくてもスピードが遅くても一歩ずつ進んで行こう、それしかない。とまあそんな願いを込めました。
あまり暗いと自転車の印象とずれてしまうので、明るい歌もちらして楽しさのある連作になった気がしています。
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
うたらばブログパーツ
プロフィール

小林ちい

Author:小林ちい
- - - - - - - - -
ようこそお越し下さいました。
お茶はお出しできませんが、
ごゆっくりどうぞ!

FC2カウンター
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。