スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NHK短歌2011年5月号

発売中のNHK短歌5月号に歌が掲載されています。
佳作3首です。

傘の上降る雨粒が正しいと分かっているよ どこへ落ちよう
・・・・・・・・・・・・「上」今野寿美先生選

真っ白の世界に色が満ちていくカーテン、ソファ、お茶碗ふたつ
・・・・・・・・・・・・「色彩」加藤治郎先生

満開を散り始めと言うつまらない人と桜の葉の落ちるまで
・・・・・・・・・・・・「桜」米川千嘉子先生


ついに昨年度の選歌が終わってしまいました。2009年9月分から投稿をはじめ、何度か欠詠しながらも今年の2月までお世話になり、慣れ親しんだ(一方的に)選者の方とのお別れはさびしいものです。
悩み通しの一年半でした。初めは背伸びばかりしていた気がします(ママの靴ではやく走れなかった~)。少しずつ身の丈にあったものを出せるようになってきているのかな。これからも精進したいと思います。

なお、1首目は投稿時に一字あけを入れましたが、ツメて掲載されていました。歌としてはツメるべきと配慮いただいたのかもしれませんが、一呼吸おきたくてここではアケて載せています。

コメント

Secret

No title

こんばんは ちいさん

桜の歌、気に入りました。

ちいさんの意図する読みとは
違うかもしれないけれど、、、

あまり面白みのない平凡なひとだけど
死ぬまでいっしょにいようっていう
ほのあたたかな決意を感じました。


麦太朗さま

こんばんは 麦太朗さん☆
留守にしていてお返事遅くなりました。すみません^^;

桜のうた、意図が伝わって嬉しいです。
言葉たらずかなと心配していたので。

前半は実際の桜を、後半は人生を桜にたとえて詠みました。
つまらない、とは言いすぎかなと思いましたが(笑
人生の葉々が落ちるそのときまで隣に居るわ、という気持ちです。

実家は今八重桜が満開です。誰かと並んで眺めたいものですね♪
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
うたらばブログパーツ
プロフィール

小林ちい

Author:小林ちい
- - - - - - - - -
ようこそお越し下さいました。
お茶はお出しできませんが、
ごゆっくりどうぞ!

FC2カウンター
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。