スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぷち短「風呂」110206

小さなアパートの小さなユニットバス
そこへたっぷりの湯を張って冷えきった身を沈めると、
浴槽から体ひとつぶんのお湯がこぼれた。

感情に任せた言葉がどれだけあなたを傷付けるか
あの時の私にも分かっていたはずなのに、言わずに居られなかった。
押し付けた言葉はあなたに届いてしまった。
流れ出たお湯は、もう戻らない。

鼻の奥が急につんとして、ごまかすように頭までもぐった。
ごめん。
届かない想いが泡になって消える。

電話してちゃんと謝ろう
そう思いついてお湯から顔を出した時、
部屋に置きっぱなしの携帯があのメロディーを奏ではじめた。


バスタブに沈めば体ひとつぶんお湯がこぼれる 今日はごめんね
・・・・・・・・・・・・・放送外 だいたひかるさん選

2011/2/6 NHKラジオ 夜はぷちぷちケータイ短歌
企画テーマ「風呂」

コメント

Secret

プロですか?

こんばんは。
いつも楽しく読ませていただいていますが、今回の歌とお話もとても素敵ですね!しかもそれぞれが奥行きと余韻をあたえあう相乗効果を感じます。

妄想想像力と表現力のレベルの高さに圧倒されます。歌は濁音が多いなと思っていましたがお湯のなかで泡になった呟きだったんだなとか、改行や漢字とかなの表記の塩梅とかすみずみまで神経が行き届いてるなあって読み返すほどに感心しきりです。

お湯をいっぱいに張ってるという前提もかえって満たされない心情を思わせるし、「覆水盆に返らず」感が伝わってきました。でも最後は希望がみえるようですね。よかった。と、思わせておいて(ry、かもですが。。。

飯田さま

飯田さん、いつもありがとうございます!
しかしプロかと問われれば、風呂だ、と答えます!しかし飯田さん、いつも超絶に誉めすぎですよ(爆)逆に恐縮してアップしづらいです(//ω//)ワラ

濁点に関しては………まあ、完全に意図していない産物ですが(←やっぱりなw)。改行等については、ブログという場を意識して、意図的に文章を繋げたり区切ったりしてしまいます。読みやすさ、ですね。まとめるのがヘタでずるずると長い文章になってしまいがちですが、駄文に長々つきあわされちゃせっかく来て下さるゲストさんに申し訳なく(笑)すいません。
今回は歌を作る段階でこの場面が浮かんだのですが、歌に入り切らなかった部分を記事に出来て良かったです。最後は光で終わりたいのが人情!(単にハッピーエンド好きともいう)なのでそこも触れられて満足です(´▽`)/
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
うたらばブログパーツ
プロフィール

小林ちい

Author:小林ちい
- - - - - - - - -
ようこそお越し下さいました。
お茶はお出しできませんが、
ごゆっくりどうぞ!

FC2カウンター
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。