スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NHK短歌大会:レポート

2011年1月22日、快晴の東京都渋谷で平成22年度NHK全国短歌大会が開催されました。昨年に続き、2回目の観覧。東直子さんのサイン本がほしくて開場時に並びましたよ(ミーハー 笑)。スタッフのお姉さんが「サインいろいろあるので、見比べてみて」と言ってくださり感激。2~3冊手にとり、結局一番上にあったヤツにしました(手描きの鳥が一番美人だった気が)。『十階』は小振りの、白と金の装丁が美しい本でした。宝物です。

今年は一人でしたし、周りは凛としたおじいさんおばあさん世代ばかりだったので全く人目を気にすることも無く、笑ったり泣いたり感情丸出しで観覧しました(近くに知っている人がいると、引かれそうで号泣しにくいからね(´・ω・`)笑)

歌人の方の評は31文字の裏にある心情まで汲み取っておられ、大変興味深かったです。
例えば序盤の、穂村さんによる題詠「明」特選への評は、<日常の動作に現れる作者のこだわり>という表面上の歌意から人生観へと思想が広がり、歌の深みが増したと同時に、こんなに読み取ってもらえたら幸せだなあとうらやましくあり。読みの力も併せて付けていきたいなと思いました。
また永田和宏さんの評では、選ばれた歌への評に加えて、去年の大会での河野裕子さんのお姿やその後のことが脳内で蘇って、涙がこぼれました。鼻ぐずぐずしてたし、隣りのおじいさんは気付いていたかもしれないけど、知らんぷりしてくれて良かったです(笑)

会場では無事お友達ともご挨拶できましたし(一瞬だったけど)、大会後に女子会なるものに誘っていただき、お茶へ。おなかいっぱいに 胸いっぱいになりました。初めてお会いした3人の方も、私が一方的にお名前を知っているビックな方ばかりだったので、無理やりお邪魔して申し訳なかったです。でも短歌のことをたくさん話して、最高に幸せでした。

最後に、今年も入選止まりでしたが、記念に2首載せます。成仏!


二十九歳(にじゅうく)の頭を撫でる愛された記憶しかない父のてのひら

注文は私がするわ流行のカフェに慣れずにいる君がいい



投稿直後に母に一首目を電話で伝えたら「すごくいい!すごく好きだなあ!」とベタ誉めしてくれたのですが(←家族だからね 笑)、結局入選止まりで、大会後父に「大きい賞とれかったよ、ごめんね」と写メを送ったら「歌にしてくれただけでいい」と返信あり。
父に撫でてもらった気分になりました。

コメント

Secret

こんばんは。
えぇ!NHK短歌大会行ってたんですか?!
実は私も行ってたんですよ
しかも私も同じ2階席だったのです…
残念無念、もしかしたら御会い出来たかもしれなかったのに)涙涙涙

あ、遅くなりましたが
入選おめでとうございます。(*^_^*)

すみません。
2回を2階と勘違いしてしまいました…
ごめんなさい。

ええ話や…
ご両親、とくにお父様は本当に嬉しいと思いますよ。この〜孝行娘!!(笑)
入選止まりって言ってもこの大会、予選をかいくぐるのが本当に難しいから、二首通過はすごいです。
本当は私も観覧予定だったのに、休みをもらえなかったの。ぐやじい〜!
サイン入りの「十階」欲しかった、いろんな刺激も欲しかった。
来年は絶対行ってやるぅ!!(←鬼が笑ってそう…)

矢部さま

矢部さん、こんにちは!
当日は大会会場ですれ違っていたかもしれませんね!!
秀作おめでとうございます。さすが^^
私もいつかそちら側に立ってみたいものです♪
それにはまだまだ努力しなければ(汗

そうか、いらしてたのか。残念。
次のチャンスがあればぜひお目にかかりたいです。

砂花ことはさま

ことはさん、こんにちは!
ええ話やろ…(←爆)いえ、違うんですよ!こうやって甘えておかないと、やれ誰か居ないのかと心配しますからね。先手を打ちました(笑)

入選は嬉しいのですが、今年は違う2種をそれぞれ特選に選ばれた方がいたり、単純に「すごいなー」と思っちゃって。がんばらねばと思った次第です。
会場ではもしやお会いできるかと探しましたが、そうですか、お仕事だったんですね(;_;)お疲れさまでした。ぐやじい〜←濁点からお気持ち伝わりました。でも歌の方は会場で会えました。おめでとうございます!
来年は、いえ、それより早くに、会えますように♪

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

こんばんは。
短歌大会ではお会いできて嬉しかったです。
ちいさんとお話できて楽しい一日になりました。
ありがとう(^_^)
「父のてのひら」良いお歌ですね。
「愛された記憶しかない」でウルッとしてしまいました。
家族を詠むのって案外難しいものですが、感情を出し過ぎずにとても上手に詠まれていると思います。
お父様はすご〜〜く嬉しかったでしょうね♪

入選おめでとうございます!
お父さんの歌、すごく優しくて愛情が詰まっていて素敵です!
お父さまも、嬉しかったでしょうね〜。
私はお休みしてたので、今年は頑張って投稿しようと思います!

管理者表示コメントの方へ

コメントいただきありがとうございます。

一首目は、父の歌を出したいと思ったもののはじめに選んだ題材がまとまらず、全く別の主題を選び直してまとめた歌です。父も母も喜んでくれたので良かったです。まとまらなかった方も短歌にできればと思っておりますが、いつになることやら。

二首目は、スタバで唸りながら書きました。こういう二人もありかなあと。2%程度ですが、弟を見る姉目線も含まれております(いつまでもピュアで居ておくれと)。うちの弟は世界一かわいいので(←笑)

当日は、憧れの先生方のお話を聞きまた出会いにも恵まれ、今年も充実した一日を過ごすことが出来ました。出来たらまた来年も参加したいと思います!

紗都子さま

さとこさん、こんにちは!
当日はお世話になりました。空気読めずに居座ってごめんなさい(笑)たくさんお話しできたし、ああいうお店も初めてだったしで、大変思い出深い一日になりました!

「父のてのひら」の歌は、「昔はゲンコツばかりもらっていた手が今はただ撫でてくれる。でも表現の仕方は違ってもどちらも愛されてるってことだなあ」ということを詠みたかったのですが、ゲンコツがどうも歌に合わなくて、このようになりました(^^;)
昔はほんとよくゲンコツ落とされたので、頭がいびつになった気がします(←言いすぎ 笑)

ひいらぎさま

ひいらぎさん、ありがとうございます!
父は今でも帰省するとふざけて頭を撫でてくれます(^^)ちょっと頑固なところもあるけど、かっこいいんですよ♪(でも「お前は俺にそっくりだな」と言われるのはすごくイヤ 笑)
父の歌で良いところ見せたかったんですけどね。またどこかでチャレンジします☆
次回は一緒に載れるといいですね♪ともに頑張りましょう^^
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
うたらばブログパーツ
プロフィール

小林ちい

Author:小林ちい
- - - - - - - - -
ようこそお越し下さいました。
お茶はお出しできませんが、
ごゆっくりどうぞ!

FC2カウンター
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。