スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

題詠100のこと/裏話

(この記事は個人的な裏話となっております。多いに、盛大に、アグレッシブに、
ネタバレしておりますので、気にならない方のみご覧下さい。

予備知識なしで100首読みたいと思ってくださる奇特な方はこちらにまとめてあります。)

何とか走り抜けた今年の題詠。
去年に引き続きの参加となりましたが、全速力の投稿に息切れしております。

前回は何か一貫したテーマをと思いつつやり通すだけの気力も技もなく、今年こそはとリベンジに燃えておりました。
そこで決めたルールのいくつか。
1. 男女交互の視点から歌を詠む(奇数は男性/偶数は女性)
2. 全てを通して一つの連作とし、男女の出会いから一つの結末までを描く。
3. 描くのは1年とし、季節は25題ずつ4つに分け、それぞれ春夏秋冬にしたい。
4. ルール1に則して、二人称を奇数は「君(きみ)」、偶数は「あなた」に固定。
 (このルールが途中から非常にやっかいになった(←笑))

また登場人物の基本的データ
男性:黒ぶち眼鏡(作者の好みである)、クセ毛、たぶんパソコンとか得意系(不確定)。どちらかといえばインドア。推定年齢30歳(不確定)。ロマンチストである。

女性:華奢でふわふわした感じ(作者とは正反対である)、年齢20代後半(不確定)。明るくて、よく笑い、元気なタイプ、に見える。チャーミングな女性。ちょっと天然ボケのようだが、実際は悩みすぎてしまう根クラさん(ここだけは作者と同じ)。
二人は顔見知り。多分会社が同じビルとか、同じコンビニを利用してるとか、そういう。

この二人がですね、脳内でですね、まー、出会って魅かれ合って「両思い的片思い期間」を過ごして、実際恋人になって、アホな会話をしたり、寒いぼもののロマンチック思想に耽ったり、普通に買い物に行ったり、1年を過ごしていくわけで。歌にしきれないバックのストーリーも含めて、(私の中では)一大スペクタクルですよ。
ほんとは夏には早々にくっつけて、秋頃に別れの危機を入れようと思ったものの、二人に感情移入しすぎて悲しませることができず(笑)、計画倒れ。
結果的には男女の気持ちの温度差を描くにとどまりました。男性がものすごく真剣に話してるのに女性は気付かない振りしたり、あるいは、女性の行動や持ち物が男性には理解できなかったり。また、一つの物事を見る男女の視点・思考の違いとか。前後どうしや、ちょっと離れた題で返歌になっている歌があるのはそういうわけです。

あとは、初句から思いきり字余りにしたり韻を踏んだり、とにかく遊びました。
恋だけで100首詠めるのか不安でしたし、何も浮かばず捨ててしまった題があること(←衝撃告白)は残念だけど、とにかく走り切って今は満足です。
お読みいただきありがとうございました(^^)ノ

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

Secret

カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
うたらばブログパーツ
プロフィール

小林ちい

Author:小林ちい
- - - - - - - - -
ようこそお越し下さいました。
お茶はお出しできませんが、
ごゆっくりどうぞ!

FC2カウンター
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。