スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9月のうた

今月のうたです。


「横浜は晴れ」呟けばあちこちから「曇り」「はれ。」「晴れ!」さえずり届く

頭痛の日は額に置いておきたくて大きな君の手が欲しくなる

君のこと泣かせるほどの悲しみがこの世にはあるという悲しみ

弱り目に祟り目/割れたファンデーション/鏡にだれかさんの泣き顔

注文の多い私に合う人を赤いランプの下で待ちます

・・・・・

思ったこと/アドバイス/感想等お伝えいただけたら嬉しいです。
って言っても書きにくいですよね、わかります(- -;)チーン。
でも、世間話でも十分嬉しいです。もちろん。

ちょっとずつ秋が近付いてきました。
秋好き!コスモス好き!お芋も好き!
きのこも好き!ぶどうも、梨も、お団子も好き!
……食べ物ばっかり(笑)

追伸 - - - - - - - - - - - - - - - - - -
コメントありがとうございます。
私自身、他の方の歌にコメントするの緊張するくせにせがんですみません(汗
大変嬉しかったです♪
Thankyou!多謝!コマウォー!ダンケ!メルシー!スパシーバ!ありがどない!

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

Secret

No title

こんばんは

3首目、
数えるときっちり定型なのに
結句に字足らず感があるのが不思議で面白く
何度も読んでしまいました。

「悲しみ」は、
僕だったらどちらかをひらがなにします。


No title

こんにちは。
私も秋が好き!だから最近の涼しさがとてもうれしいです。
今月は、なんだか大人しい(という言い方もちょっと違うんだけど)印象を受けました。

題詠に慣れると、自由詠って難しく感じてしまうよね。

No title

ちいさん、こんにちは。
1首目はtwitterの歌でしょうか。
朝のTLの雰囲気が出ていますね。
好きなのは2首目です。
「手が欲しい」っていうところが良いと思います。

爽やかな秋を心地よく過ごしたいですね♪

感想です

一首目と二首目の順番が逆のほうがいいかなと思ったりしましたが、やっぱり今のでいい気もしてきました。(←だったら書くな、と)

一首目はすごくまとめるのに格闘された感じがします。

二首目は韻律と展開がきれいでちいさんらしい運びで、すてきです。

三首目は麦太朗さんのおっしゃる通りで、字足らずっぽいのに定型という不思議な歌ですね。
付け加えると、「カナシミ」というカタカナ表記も似合うかもしれません。

四首目、これも不思議な歌。「/」は「割れた」あるいはコンパクトを開いたイメージでしょうか。写真をずらしながら重ねていくようで面白かったです。

五首目、僕は音楽に疎いですが、「赤いランプ」はaikoさんの歌を踏まえていますか?具体的に説明しているのに分かりきらない感じで、それこそ夜ぷちの東さんの話を思い出しました。

No title

こんにちは
たびたび失礼します。

5首目、
和馬さんからはaikoさんの歌を踏まえているのではという指摘もありましたが、
僕は冒頭の部分から宮沢賢治を思い浮かべました。
何かノスタルジックな感じの歌で5首の中ではいちばんのお気に入りです。


私もたびたびすみません。
>麦太朗さん
>飯田さん

五首めは、スタバなどでカスタムしたコーヒーを待っていることをふまえての歌だと、私は読みました。
スタバの黄色いランプではなく「赤いランプ」というのが、恋だなと思いました。

私も今月のうたのなかで一番好きな歌です^^

私もふたたび失礼します(笑)


読み返すと、言葉が足りなかった気が……

つまり五首目は、分かりやすすぎず、心に浸透してイメージが広がってくる、とてもいい歌だと思った、ということでした(汗

僕も一番好きです(←後付けとお思いですね、分かります。)

麦太朗さま

麦太朗さん、コメントありがとうございます!
3首目の字足らず感は意味的に8・6(あるいは10・4)に区切れるからでしょうか。
私も推敲時は気になっていましたが、今はもう慣れちゃって(^^;
ご指摘頂いて改めて不思議かあと読み直しております。
また、「悲しみ」は動作主が違うし表記を変えるのいいですね!

5首目について、「注文の多い」は仰る通り宮沢賢治を意識しています。
やさしくてー、誠実でー 等々、わがままな注文を効いていると食べられちゃうかもよ、とは言い過ぎですが (笑)、そういう条件をクリアしてくれる人がいつか現れると良いなという歌でした。
ノスタルジック、とは初めていただいた言葉です!
どうもありがとうございます!

イマイさま

イマイさん、こんにちは♪
家にパソがないためにお返事遅くなりました(汗)
おとなしい、確かにそうかもしれません!私の好きな言葉遊びも今回は入ってないし。攻めの歌は載せていないのも含めて少なかったように思います。(大丈夫、再来月はすごいです←ほんとか 笑)

五首目、イマイさんの読み通りです!スタバのランプ。よく分かりましたね☆(店舗により赤も存在しています、仰る通り恋ということで赤を選びました♪)
最近、スタバのカスタムにハマって、商品を待ちながら詠んだ歌でした。
ある程度の注文は聞いてくれるスタバでも、さすがに私に合う人はまだ提供してくれません。

やっと秋らしくなってきましたね!スポーツの秋、そろそろ題詠マラソンも始めないと。。。

紗都子さま

紗都子さんこんにちは!
そう、一首目はtwitterの歌です。皆さんの朝の挨拶もおもしろいし、紗都子さんのお天気は近いのにちょっとちがったりして、毎朝楽しんでます(^^)

二首目は一人暮らしをしてから特に思います。病気の時って気が弱くなりませんか?大切な人の手(この際父でもいいです 笑)があれば安心するのにな、と。
好きと言っていただけて嬉しいです!

さわやかな秋、このままずっと続いてくれたらいいのにと思います(寒いのイヤ!)

飯田和馬さま

飯田さん、こんにちは!
丁寧なコメント嬉しく拝見しました。ありがとうございます。
> 一首目と二首目の順番
おお、順番ってやっぱり大事なんですね!今後気をつけて考えてみます(>_<)

一首目:twitterは今や私の朝の始まりに欠かせないツールでどうしても詠みたかったのですが、難しかったのばれちゃいましたね(笑)
二首目:初句の字余りが気になっていたんですが、内容は好きなので嬉しいです!他から見た小林ちいのイメージってこんな感じなのでしょうか(かなりかけ離れてるなww)
三首目:カナシミ、おお、確かに合うかも。推敲してみます。
四首目:5首の中では実験的な歌ですよね。「/」は場面転換の意図で入れたのですが、効果のほどは…。

そして五首目:aikoさんにそんな歌があるんですね!おお、チェックしてみます。
私は常々、言いすぎてしまうところがある(伝わるかなと不安になってつい説明してしまう)ので、分かり切らない感じという評は大変嬉しいです!種明かしすればスタバでの風景がベースとなっていますが、いろいろな読みをしていただけてワクワクしました。
じゃあ、私も一番好きです(←完全に後付け 笑)

1首目はツイッターという題に依存してる気がしました


5首目も分かりにくい気がしました

主観です

終わり

くまさんさま

くまさん、読んでくださり&コメントいただきありがとうございます。

> 1首目はツイッターという題に依存してる
おお。twitterを知らない人はどう読むだろうと思っていたけど、確かに意味不明だよねきっと。もうちょっと抽象的にするのもありかな。本来の小鳥がさえずる感じに持っていきたかったんだけど、依存と言われて頷いてしまいました。

> 5首目も分かりにくい
いつも説明しすぎるので、なーんにも説明しないで赤いランプを入れたら、様々な憶測を呼んでしまいました(←大変興味深かった)。分かりにくい、そのご指摘に尽きます。見えそうで見えないくらいがちょうどいい。そのちょうどいい具合を探していきたいと思います。

どうもありがとう!おわり!

No title

大きな君の手が欲しくなる

ってフレーズいいですねー。
"君の大きな手"とちょっと迷うとこですけど…。

あと、手の歌は好きです

5首目の歌は散文的なアプローチをしていますよね。それでどういう状況なのかという解釈がわかれるのはちょっとまずいというのが俺の主観的な意見です。

一瞬の感情を切り取って、「こういう状況なのかな?」とかわかれるのなら話は別なんですが。
今回の場合は赤いランプの下という状況の解釈がわかれていたので。

詩的なアプローチをしていて、赤いランプは何の比喩なのか? とかだったら解るんですけど。


手の歌は好きです。
とても。

とくもさま

とくもさん、こんにちは!

おお、下の句誉められた!
君の大きな手の方が文としては自然でしょうか。そこ全然気にしてなかったけど、言われたら気になってきました。「お」の頭韻でいっか、というかんじで何となく並べてしまっていました。
どっちがいいか要推敲ですね!

くまさんさま

度々のお運びありがとうございます!
さすがの「飴と鞭」使い具合ですね(笑) ファン多いわけだよ。

詩的か散文的かといえば、私は圧倒的に散文派です。詩に憧れ悩んだ時期もあったけど(いや今も)、私は詩人にはなれない、それが結論でした。なので、散文でできることを模索しているわけなのですが。
読者に補ってもらう部分を含めての歌だとは思いますが、それをどう補ってもらうかは私の誘導にかかっていると言うところでしょうか。
分かったら嬉しいし、分からなくても歌として成り立たなければならないのに、今回は頼り過ぎの面が出てしまったようです。

こういうふうに主観?を教えていただけるのは本当に嬉しいです!
また聞かせてください。たまに飴も持ってきてね。
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
うたらばブログパーツ
プロフィール

小林ちい

Author:小林ちい
- - - - - - - - -
ようこそお越し下さいました。
お茶はお出しできませんが、
ごゆっくりどうぞ!

FC2カウンター
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。