スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8月のうた

今月のうたです。
お気軽にコメント/アドバイスいただけたら幸せです。

・・・・・

シグナルが青<GO>になるのももどかしくゼブラの中央まで駆けていく

我が窓を最後の場所と決めたのか微かにうごく虫を見ている

海、砂漠、森、都市、きみの鼻の先 私はどこに降る雨だろう

情熱がすうっと冷えて消えました 飽きることにも飽きて寂しい

縦と横、斜め 世界は広がって進まずにいる座標(0,0)<ゼロ ゼロ>

*< >内はルビ。

・・・・・

今月は小説よりエッセイに近い歌が多いです。
だからちょっと重いかも(笑)
実家に帰ってぼーっとしすぎたらかなり久々の更新になってしまいました。
毎日とろけそうな暑さですね。ご自愛ください。

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

Secret

3首目がいいと思います。

二首目は僕が好んで詠みがちなテーマなので、僭越ながらコメントいたします。


「我が窓」を「我が夏の窓」とか「最後(最期)の場所」をそれを連想させる比喩にするとか、或は「虫」に具体をもたせる、つまりガガンボとか種類を明確にしてもいいし揺れるのが触角とか羽とかにするとかしてもう一歩踏み込んだらいいかなと思いました。

お久しぶりです。

4首目のお歌が
猛暑の空気を吹き飛ばしてくれました。
重いというより淋しさを感じます、ご実家で心空っぽにしたみたい。

くまさんさま

おおお、ありがとうございます!
実体験から生まれた歌なのでうれしいです!

飯田和馬さま

飯田さん!ありがとうございます!

ほんとだ、具体性がかけてますね。気付けてませんでした。
季節や虫の名前を入れるとくっきりしてくるのかも。
これも体験から詠んだ歌ですが、虫を特定した方が読む方も想像もしやすいですよね。
なるほど。実際は小さい羽虫でした(コバエ?)。でももっと合う虫を探してみたいと思います!
ありがとうございました^^

おはぎさま

おはぎさん、コメントありがとうございます。
私ね、最近よく思うのです。
昔はやっとお小遣いを溜めて買ったCDを何百回とくりかえして聞いていたけど、この頃はどんなに好きな歌手の歌も飽きるサイクルが早くなってしまって寂しいなと。音楽に限らず、大人になるにつれてより飽きっぽくなりました。短歌だけは飽きが来ないでほしいと思っています☆
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
うたらばブログパーツ
プロフィール

小林ちい

Author:小林ちい
- - - - - - - - -
ようこそお越し下さいました。
お茶はお出しできませんが、
ごゆっくりどうぞ!

FC2カウンター
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。