スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

短歌にお熱、の巻

めずらしく~日記もどきを~書いてみる~。

サラダ記念日から短歌に入ったくせに、ここまでほとんど人の作品を読まず知らずできました。特に文語には苦手意識があって、かなり有名な歌人ですら一首も知らないという現状。自分の無知さにチーン。

そんな私でも、枡野さんのピンクの本「かんたん短歌の作り方」や、穂村さんの赤い本「短歌という爆弾」は持っています(枡野さんのは10年近く前に本屋で一読惚れ。ケチンボの私が即決で本を買うのは珍しい 笑)。おもしろい!!!しかも本文中に引用・紹介されている作品を通して多くの歌人を知り、のちに大好きになる歌にたくさん出会えました(マシュマロとか、マスカラとか、まりあまりあとか、桃の皮とか)。で、そっから芋づる式(笑)にいろんな短歌に出会いました。他の人の歌を読むのが一番の勉強だというので、歌集もちょっとずつ読んでいかなくちゃと思っています。

私はえらく単純な人間なので、自分が好きなタイプの歌に出会うと恋に落ちたようになります。(1)気持ちがルンルン♪になり(悲しい歌のときは悲しくなるが)、(2)でれでれしながら音読、(3)覚えたら生活の中のちょっとした時間(通勤やお風呂や茶碗を洗いながら)に暗唱して楽しみます。この一連の動きを私は「お熱(ねつ)」と呼んでおります。
・・・とここまでが前置き。

ここ最近の「おネツ短歌」をご紹介。

 君かへす朝の舗石さくさくと雪よ林檎の香のごとくふれ(北原白秋)

 せつなさと淋しさの違い問うきみに口づけをせり これはせつなさ(田中章義)

 ひとりでみてしまうひとりでみてしまうひとりでデジタル時計のぞろ目(穂村弘)

 釣り合えよ 今日死ぬ鳥のきょうの日と千年生きる木の千年と(渡辺松男)

 ねむらないただ一本の樹となってあなたのワンピースに実を落とす(笹井宏之)

あれ、全員男性になってしまった(^^;)
1首目は教科書でも目にしていましたが大人になってみて改めて。2首目は友人に教えてもらって&俵万智さんの本で読みました。短歌を知らない友達にもかなり好評です。3首目はぞろ目を見る度に思い出してしまいます。4首目はN短で見て迫力に圧倒されました。5首目は笹井さんの歌の中で今一番好きなものです。

私が知らないだけで、素敵な歌はたーーくさんあるんですよね。短歌を詠む皆さんの「たまらん歌」を訊いてまわりたい今日この頃です。

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

Secret

ちいさま、こんばんは! さっきは通勤の帰りで手元に資料がないままいい加減なことを書いてしまって本当にごめんなさいm(_ _)m
高野さんの歌は
青春はみづきの下をかよふ風あるいは遠い線路のかがやき

小島さんの歌は
団栗はまあるい実だよ樫の実は帽子があるよ大事なことだよ

でした(^-^ゞ
おわびと訂正です。

ちいさまのあげられた歌もすばらしい歌ばかりですねo(^o^)o
白秋と笹井さんの歌が特に好きです。

ではでは!
お返事気になさらずに!
活躍楽しみにしています(^o^)/

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

育茶さま

はじめまして!と言ってもお友達のブログ等でニアミスしてましたね♪
(先に頂いたコメントは私のみが拝見できるようになってました。届いています。ご安心を^^)

すごく感激しました!ドングリの歌、ずっと気になっていたものでした!小島さんだったのか。言葉遣いにも納得しました。ありがとうございます。そして高野さんの一首もとても素敵ですね。遠い線路のかがやきのところが特に好きです。すばらしい歌をご紹介いただき本当に嬉しいです☆
投稿を続けていると時に辛くなったりもしますが、こういった交流がもてることが何より励みになります。お互い素敵な歌を詠んでいきたいですね(^^)v

ちいさんの「おネツ短歌」
いいですね〜^^

赤い本もピンクの本も読んでいない相当勉強不足の私ですが、好きな歌は昔からノートに書き留めていて、それをながめてにやにやするのが至福です(笑)

最近好きな歌はこれ!!

はじめての町のバス停にバスを待つ人の顔して立ってみるなり
俵 万智

ことはさま

勉強不足なら誰にも負けない私ですが(笑)これからゆっくり勉強していきます!そういや私も好きな小説の文章を書き写すという地味な趣味がありました(ああ、ネクラが露呈していく)。短歌もやりたいと思ってるんですが、なかなか取りかかれなくて。

俵さんの歌ご紹介ありがとうございます!!キュートな歌ですね。はじめての町に行ったら私もやってみよう♪
「おネツ」は自分の気持ちや状況次第でどんどん移り変わっていくので、それもおもしろいです。昔は読み過ごしていた歌が急に光って見えたりして。ことはさんのおネツもまた教えてくださいねー(^^)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

内緒コメントさま

コメント&お気遣いありがとうございます。
隠しているわけではないのですが、イマイチまだ良く分かっていないのであちらはまだほぼ読み専門です。

赤だのピンクだのと呼ぶのは失礼だとは思うのですが、装丁が印象的なので知っている人なら一瞬で絵が浮かぶかな、と視覚に頼ってみました!

私はあなた様の書く文章がとっても好きです!リズムと言うか言葉回しと言うか…。粋。時に音読に耐えない語も登場しますが(笑)。blogの更新がいつも楽しみです。

No title

ちいさん、こんにちは♪
良い記事ですね、おネツ短歌!
素敵な歌と出会うと嬉しいものですよね。
私は最近、杉崎恒夫さんの歌にお熱です。
あまりたくさんは知らないのだけれど一番しびれたのは、これ。

晴れ上がる銀河宇宙のさびしさはたましいを掛けておく釘がない

いくつになってもこんなに瑞々しい歌が詠めるようでありたいなーと思います。
私は短歌歴も浅く知らない歌は数知れずという感じなので、もっと勉強していきたいです。

紗都子さま

コメントありがとうございます!
そして素晴らしい一首もありがとうございます。
早速メモしました!たましいを掛けておく釘がない・・・なんという表現でしょう!この発想には私は永久にたどり着けません。新鮮な驚きで拝読しました。

みなさんやっぱり素敵な歌を知ってらっしゃいますね〜。良い歌に出会うとワクワクします。
紗都子さんのおネツ短歌が知れて嬉しかったです♪♪♪
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
うたらばブログパーツ
プロフィール

小林ちい

Author:小林ちい
- - - - - - - - -
ようこそお越し下さいました。
お茶はお出しできませんが、
ごゆっくりどうぞ!

FC2カウンター
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。