スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NHK短歌2010年4月号

発売中のNHK短歌4月号に歌が掲載されています。
佳作で3首です。

君の眠る1Kの部屋へと向かう午前0時のバスへ乗り込む
・・・・・・・・・・・・・・・・・「乗り物のうた」加藤治郎先生 選

「チューリップが膨らみました」母からの手紙はいつも庭の消印
・・・・・・・・・・・・・・・・・「庭」東直子先生 選

待つ限り捕われるのだとしても待つ正しい答えは一つではない
・・・・・・・・・・・・・・・・・「待つ」米川千嘉子先生 選


乗り物の歌:実家へ帰るとき高速バスを使うことが多く、題が乗り物だと知ったとき高速バスの歌がいいなと思いました。これじゃ高速バスかどうかは分からないけど(’ ’;)恋人が待っているところへ帰る・・・今の私の憧れであります。

庭:母は庭いじりの好きな人で、実家には季節ごといろんな花が咲きます。「載るとすれば3月」と考え、字余りだけど春らしいチューリップを選びました。珍しく実体験の歌です♪

待つ:難産でした!推敲中にわけが分からなくなって(恥)
何を「待」っているかは明記してませんが、それぞれいろんな読み方をしてもらえたら嬉しいです。何かを待つのはエネルギーがいることですよね。諦めた方がいいかな、このまま待ち続けた方がいいかなと常に葛藤があって。きっとどちらも勇気が要る選択。その場面に立つとき、私なりの正しい答えが選べるといいな。


てなわけで・・・
東先生キタ━━━ヽ(。・ω・。) ノ━━━!!ありがとうございます。ありがとうございます。
にしても「乗り物のうた」一席のうたを読んで以来、私ったら「、のか」が口ぐせになりつつあります(笑)飯田さん、影響力すごいよ。
それからジセダイタンカのぷち短のコーナーにも一首載っています♪
こちらは伊藤夏人さんとお隣さんです~~(^^)v

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

Secret

今月も三首!

おめでとうございます!もう本当に凄いです。めくってもめくってもお名前がという感じで、佳作三首+ジセダイ+さらにもう一首羨ましすぎるぐらいな素敵なところに!自分のことのように嬉しくなっちゃいました(笑)。果たして今まで一巻に5首も載った方っていらっしゃるんでしょうか?
どれも、リアルな中の、等身大のご自身“らしさ”が溢れてていいなぁって思いました。無理さがなく、素直に伸びやかさが魅力の歌たちばかりだなぁと思いました。

大活躍!!

すごい、すごい!
徹平さんの言う通り、5首だよ!!
もしかしてもしかして、ちいさんてば気づいてないのー? んもうっ!(笑)
わたしゃ、かなり興奮したよ!!

今回は「待つ」の歌が印象的でした。いつものちい短歌とはちょっと違う、芯の強さ、凜とした感じを受けました。
「待つ」って信じる強さありき、だものね。

おめでとうございます

こんばんは

佳作3首とジセダイタンカへの掲載おめでとうございます。
そして、皆さんご指摘のうらやましい一首は20ページの下段ですね。
快挙ですね〜。v(^_^)v

「待つ」の歌は奥深いです。
何度も読みかえすと勇気を与えられます。
「正しい答えは一つではない」・・・すなわち
どんな結果になっても正しいのだ!
どんな結果もそのまま受け入れればいいのだ!
という気持ちになります。


徹平さま

ありがとうございます!!徹平さんに言われるまで、5首目気付いていませんでした(^^;)とりあえず、「なんじゃこりゃー」→目をこすり→母に電話→寝ました(笑)夢かもしれないからwび、びっくりした!
素直さ(実際は技法をよく知らないだけ)が良いと言っていただけると嬉しいです。私にはそれしかないので。大事にしたいです♪
教えて下さってどうもありがとうございます(。・ω・。) 言われなきゃ、半年後くらいに知ったはずw

ことはさま

んもうっ!に爆笑しました。
やきもきさせてごめんなさい(^^;)まさかあんなところにいるとは。

待つの一首はほんとに悩んだので(「捕われる」が発音しにくく、また全体の意味も分かりにくい?とか。)、ことはさんのコメントとても嬉しいです。私のイメージが「戦地に行った恋人を待つ」みたいなぶっとんだものというのは内緒です(笑)
まぁ、そろそろ待ちくたびれてきましたが(爆

麦太郎さま

ありがとうございます^^
あんなことってあるんですねー。はじめ状況が理解できませんでした(笑)

待つの歌について。私はネクラで(笑)くよくよしがちなので、「待つことも諦めることもきっとそれぞれの正しさがある。結果として自分が納得できる方を選ぼう」とくじけそうな自分を勇気づける気持ちで詠みました。麦太郎さんのように肯定的に読んでいただけるとは、光が射すようで嬉しいです。

おめでとうございます

ちいさん、こんにちは。
すごいー♪絶好調ですね!
私も4月号読んでいて何回もちいさんの名前を発見してワクワクしてしまいましたよ。
(特に選者紹介のところですね!やっぱり)
佳作のお歌の中では「庭」の歌が好きです。
春の暖かさとお母さんのやさしさが感じられて良いなぁと思いました。

おめでとうございます

前人未踏の五首掲載、おめでとうございます。

家事の歌、加藤治郎さんの年間大賞であったわけですね。ジセダイ短歌も加藤さん。これは確実に愛されています。(キヲツケロW)


乗り物の歌、「1」「0」の数字の小ささがいいですね。あと「向かうバス」なのか「向かう。」なのか、口語なのであいまいですが、これがかえって有効に思えます。(イナカッタラドウスル!)


「待つ」の歌、よんでいくと「待つ」の語がぽつんと浮く感じがいいですね。
めずらしく影のある歌で、ちょっとどきりとしました。(コタエハモウ、シッテイル?)


庭の歌、「庭の消印」って発想は凄いなあ。あとチューリップなのがいいですね。他に置き換えきかないと思えるぐらいはまっていますね。
それからなんと、ちいさんも東さん萌えでしたか。
その萌えに関して、実は以下、ゲスいネタが散々書いてあったのですが、ここの品性を保つために割愛することに…。俺もようやく大人になれた、のか…(←バカデス)

紗都子さま

好調…って言っていいのでしょうか^^;
わたし波が大きすぎて、自分でもよくわかりません。
でも自分の歌が活字になるのは、とっても嬉しいです!!

庭の歌、やっぱり春の花を選んで良かった♪
母を詠んだ歌が公に出るのは初めてで母も喜んでくれました。

飯田和馬さま

Aha!ご本人も「、のか」使ってらっしゃるwww
年間大賞…かどうかはさておき4月号は宝物です!次は年輪大賞目指して頑張るぞー(何十年かかることやらw)

乗り物の歌:私、数字の入った歌好きなんです。小ささがいいという反応は新鮮!若い二人を演出するため1Kにしました。初句〜4句までが全てバスに掛かる構造ですが、実際に君が寝ているかどうか不明瞭ですね。分かりにくいかも。チーン。

待つの歌:確かにこれまで選ばれた歌の中では珍しいタイプですね!ただ、私自身はもー影しかないって感じのネクラちゃんなのでww 今後小出しにしていきます(。・ω・。)v

庭の歌:庭の消印に触れて下さって嬉しすぎます!!!そこ私的ポイントでした☆ラベンダーやコスモスでなくチューリップを選んだのは、「母が私を子ども扱いする(けど嬉しい)」というようなニュアンスも匂わせたかったのです^^

東さん萌えかな(笑)東さん好きです!お会いしたときもクンクン嗅ぎたいくらい舞い上がりましたww それと「東さんに選んでもらえたらコンプリート」という状況でしたので、思わず叫んでしまった次第です。ゲスイネタ??もちょっと気になりますw
and,お名前勝手に出しちゃいました。すいません!
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
うたらばブログパーツ
プロフィール

小林ちい

Author:小林ちい
- - - - - - - - -
ようこそお越し下さいました。
お茶はお出しできませんが、
ごゆっくりどうぞ!

FC2カウンター
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。