スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12月のうた/歌うたいのエチュード

『歌うたいのエチュード』

私にしか詠めないものはありますか恐れるたびに叩くEnter

初句切れよ そのときめきを説き合って二人の二十六字は暮れる

水分をたたえた若い恋だからどこを切っても歌が溢れる

からっぽの器に君が満ちてきて音が鳴るんだ歌になるんだ

夜に星、食卓に塩、そんな風に私には歌 歌だけはある

掴んでは捨てて拾って押しやって三十一字だけが残った

朝露の眩しい原っぱに開く誰も知らない言の葉を摘む

たとえ明日私が消えてもその胸で息づくように歌を捧げる

<未来2012/12月号>

*こんげつのよだん
1月からの詠草「エチュード」もこれで一区切りになりました。
先日、これらの歌を携えて歌会に参加し、たくさんの刺激をいただいてきました。
迷ってくじけて…安定のネガティブさですが、来年も自分らしく歌って行きたいと思います。
今年お世話になったみなさまありがとうございました。
引き続きよろしくお願いいたします。

2012.12.31
スポンサーサイト

たかまがはら 感想へん

先日は、歌会たかまがはら にたくさんのご投稿ありがとうございました。おかげで楽しい時間になりましたことを改めてお礼申し上げます。また司会進行を勤められた天鈿女聖さんにも併せてお礼を。ありがとうございました。

さて。今日は番組で読ませて頂いた歌を中心に、いくつか気になった歌をご紹介したいと思います。お題は「年」。勝手気ままな感想ではありますがお楽しみいただければ幸いです。
(文章が固いよー肩こったよーこのまま最後までもつのか私……。否、無理!よーし、ここからは気楽に行きます(キリッ )

■当日ご紹介した歌(放送時とコメントが重複しますがご容赦ください)
年収の話題をうまく避けながら笑い続けている同窓会(田中ましろ)
えらく気まずい一首。ぞわぞわします。年収や結婚などデリケートな問題に切り込んでくる猛者いますよね。その場から立ち去るわけにも行かず、笑い続ける主体。最後に「同窓会」とあるのがポイント!同じ教室にいたのに……と、痛々しい笑顔が目に浮かぶようです。

年齢のエレベーターに乗っかって各階にいる君に会いたい(飯田和馬)
多くの短歌女子のハートを鷲掴みにしたロマンチックな一首。年齢のエレベーターという発想が新鮮でした(エスカレータなら分かるけど)。下の句「各階にいる君に会いたい」にしびれます。この先、年を重ねていく君を見ていたいという願い。エレベーターというモチーフから、私は〈若い頃の君も知りたい〉ととったのですが深読みかな?どうかな?

来年のことをいっぱい話すからどうぞ鬼さんよい年末を(じゃこ)
明るさとユーモアに魅かれました。来年はあれをしようよ!あそこに行きたい!未来についての会話からは幸せなにおいが漂ってきます。《来年のことを話すと鬼が笑う》という諺を逆手にとって、鬼にまでその優しさを向けた、温かみ溢れる一首です。

おはようとおめでとうとが交差して年の初めはくすぐったいぞ(麦太朗)
結句「くすぐったいぞ」にやられました。私が感じていたのはこれだったのか!と。それまで普通にテレビを見ていたのに、急に改まって敬語で挨拶したりして。照れくさいなあ。

年賀状をおくるだけの繋がりで切れない縁 初恋の人(琴乃彩葉)
上の句の6・6音は少しもったいない><。でも年賀状を送るだけとは言え、初恋の人と繋がっていられるのは幸せなことだなと、きゅんとしました。

ブロッコリー並べるオレに歯の抜けた話始める少年がいる(工藤吉生(くどうよしお))
仕事中子どもに話しかけられた出来事が、妙にいきいきと切り取られています。「少年がいる」と現在形で処理したからでしょうか。また「歯の抜けた話始める」の頭韻と、隙間なく並ぶブロッコリー(緑)と少年の抜けた歯(白)のコントラストを面白く読みました。

銃声の代わりに響くクラッカーそして二十歳のわたしは死んだ(田村わごむ)
まず下の句に驚きます。〈誕生日、昨日まで居た二十歳のわたしは死んだ(そして新しい21歳の私が生まれる)〉ととりました。「銃声の代わりに」というのも物騒。まるで銃声が正解のような口ぶりです。誕生日にそぐわない不穏さが魅力的です。

一年中閉店セールの看板を吊り下げているみたいな私(龍翔)
年中閉店セールをやってる店ありますあります。この歌の場末感は何なんだろう……。目を留めてほしいという気持ちは感じます。でも自分を安売りしちゃ行けませんぜ。一首全体で結句を修飾する形の歌としてなかなか決まっていると思います。

後悔を抱えて今年を生きていく年賀の返事を出さないことの(たきおと)
いや、出せよ。と思わずつっこんでしまいました。返事を敢えて出さないと決めたのに、それを一年後悔し続ける。見事なネガティブ具合です。もはや職人です。結句を「の」にすることで初句につながり、それこそぐるぐると悩み続ける感じが痛々しく、面白い一首です。

こたつから顔を出したり隠れたりしているうちに新年になる(田中ましろ)
なんて幸せな年越し。(´・ω・`)oO◯(おこた買おかな…)


■なかなかに気になる歌(抜粋でごめんなさい)
生年と没年結ぶハイフンは短い誰のものも等しく(岡野大嗣)
ハッとする歌。ハッとした後ぐっと来ます。肯定的に「どんな生き方をしてもハイフンは平等にある≒救い」ととるか「ハイフンしかない」ととるか、うーん。人生って結局不公平だなあとか、か、家族がほしいよ…とか、小一時間語りたくなる一首でした。

アンチエイジングはやめろぼくはその目じりのしわが愛おしいのだ(木下龍也)
乱暴な愛情表現です。でも綺麗で居たいと思うのもまた愛情、許してあげてよ。

丗は世の異体字であればこそ君の三十年がいとしい(牛隆佑)
(丗:さんじゅうと読むらしいよ。勉強になるなー。)どうせ何十年だって愛しいんだろうよ!けっ!とやさぐれた一首です。うらやましい。マフラーの一首も素敵でした。

少年のあなたとあなたのママに会う 木蔭でモヒート飲む昼下り(高橋徹平)
初夏の光がゆれる木陰。夢の中で幼い「あなた」に会う。爽やかで不思議な読後感です。

そうねって頷く瞳には幾千の光年を越え届いたひかり(さとうはな)
何への「そうね」かは不明ながら魅かれる一首。光の宿る瞳には穏やかな決意を感じます。

晩年のような顔して歩むとき猫いっぴきに振り返られる(むしたけ)
猫ってそういうところ、あるよね。敏感に感じ取るんだ。受動態の下の句が妙に魅力的。

パイ投げ競技規則改訂 今年からお好み焼きも使用可とする(ユキノ進)
いや、やけどするよ!「年」というお題から一番遠くにあった歌で賞を捧げます。

またすぐに会えるさという別れから十三年が過ぎていること(たた)
13年というのはリアルを感じる数字です。「またすぐに会えるさ」と言ったとき心のどこかでは最後であると予感していたのではないでしょうか。非常にぐっと来ました。

二年目で理解したこと喧嘩後はまず背中から抱き寄せること(たえなかすず)
たまらん。なるほどなー。やってみよう。……い、いつか。

あたし達いつかあなたの年齢を越えてしまうね 生きていくから(都季)
結句にドキッとします。この結句は4句までの種明かしであると同時に、主体の決意がこもっていて胸に来ました。

年頃と云われるようになっていたあの冬もひとり今年も独り(台所のキフジン)
下の句のリズムが8.7の割に良い。「ひとり」と「独り」の使い分けは、年を重ねてより孤独と感じるようになったからでしょうか。

いつからか与える側になっていてファミリーマートで買うポチ袋(山本左足)
ファミリーマートという選択が憎いです。にくたらしい。…肉食べたい(おなかすいた)。上の句の「与える側」とややぼかした表現にもテクニックを感じました(勝手に)。

以上です。お寒い中、お付き合いありがとうございました(ぺこり (順不同敬称略)

たかまがはら Q&Aへん

12月9日、歌会たかまがはら に出させていただきました。
スカイプを使ったせいでお聞き苦しかったかと思いますが、ご視聴いただいた皆様ありがとうございました!ツイッター等で盛り上げて下さった方々、ほんとに嬉しかったです。まあ、あの、すごく緊張はしたんですが……笑。あっという間の一時間でした。楽しかった!

さて、番組には短歌投稿の他に、たくさんの質問も頂きました。当日ご紹介できなかったものをいくつか、ここでお答えしたいと思います。目から鱗の短歌論などは皆無でございます。人生の箸休めにご覧ください。ほとんど短歌関係ないのもある、そして長い(笑)


Q.年上と年下どっちが好きですか?
えっとねー☆ どーしよっかなー!ウフフッ年上だよぉ〜☆ペロッ
(……読者の引く音がする。ローラは少し古い…と。 ※そこじゃない

Q.散歩の時に短歌を作るのですか?/どんな場所で短歌がうかぶことが多いですか?
お散歩にはよく出掛けます。その場では思いきり楽しんで、帰宅後にまとめて作ります。お風呂や自転車を漕いでいる時、寝る寸前などに浮かぶこともありますが、そのまま忘れてしまった名歌がたくさんあります。ざーんねん☆ ←

Q.歌をつくるにあたって心がけてる事は?/短歌上達の秘訣を是非是非!
心がけているのは、実際に縦書きにする&音読してみることです。普通か(笑)。
上達の秘訣があるなら逆に知りたいです!おせーて!

Q.短歌の小鉢いつも楽しみです。ざっくり言ってどのような歌が好きですか?
分かりやすくて、音読して心地いいものが好きです。でも詩的な歌にもひかれます。

小鉢についてはいくつかご感想も頂きました。感謝。
短歌の小鉢と称して、週一回ほど好きな短歌を紹介しています。「昨日までに知らなかった名歌をあなたに」がコンセプトです(※初耳)。ネットで歌誌で公募で、毎日たくさんの歌が発表されていますが、それらにスポットが当たるのはほんの一瞬。少しのタイミングで一生その歌を知らずに過ごすことになる。たとえそれがあなたを釘付けにする可能性のある一首だとしても、です。だから、私が出会えた素敵な歌はちょっとずつでも紹介できたらいいな、という感じ。有名な歌人の誰もが知る名歌から、ツイッターでひっそり光を放つ秀歌まで、幅広い品揃えが自慢です。エッヘン。

Q.今日のBGMはなにがかかってますか?
恋の奴隷/奥村チヨ です(なにゆえ……)

Q.短歌を詠み始めたきっかけは何ですか?
サラダ記念日を読んだことです。中学3年の頃、国語の先生が貸してくれました。
だからもう5年かあ〜☆はやーい!ウフフッ ※こりてない

Q.(現実あるいは妄想で)歌人さんと恋愛するならどなたがよろしいですか?
この質問には続きがあって、「私は、釈迢空か ○○さまです(笑)」と質問者さまの回答が添えられておりました。いやー、笑った。私も○○さんは素敵だと思います!(プライバシー保護のため伏せ字とさせていただきます)

Q.大ぶりのピアスいつも可愛いです。ピアス短歌はありますか?
ありがとうございます!
・耳たぶに過去の男をぶら下げて素知らぬ顔で歩く陸橋
はうたらば採用歌です。連作にもいくつかあるし、そう考えると結構あるな。

Q.面白いキャラですがどこかで修行されたんですか?/ギャグセンスが大好きです!お笑いとかお好きなんですか?/楽しい性格は、お父さんゆずりですか?お母さんゆずりですか?
お笑いは昔から大好きです!加えて、昔あんなにキライだった親父ギャグがここ数年好きになりました(老化…?)。ちなみに父も母も駄洒落(しょーもないレベル※)を言うのである意味サラブレットかな。※カエルの子はカエル

Q.結社について:入ったことで変わったこと・よかったことはありましたか/入会のきっかけは何ですか/予想と違うことはありませんか
未来短歌会に入って3年弱になります。彗星集です。NHK短歌で加藤治郎さんの選を受けたのをきっかけに声をかけていただきました。学生の頃から結社に興味はあったものの怖かったのが本音で、有難い機会でした。変わったこと……。格段に上達した!ということはありません(ごらんの通りで^^;)。どの結社でも本人の努力次第ですよね。私は毎月欠詠せずに出すことで精一杯ですが、刺激はたくさん頂いています!
以前、本多響乃さんが「選者はあなたの最初の読者であり続ける」という旨を呟かれ、うるっときました。背伸びして入った結社ですが、マイペースに頑張って行きたいです。

Q.昼休みや午後6時過ぎに楽しい呟きをされていますが、あれは勤務時間中に練っているんですよね?短歌も、勤務時間中に練る練る練るねすることはありますか?
わーわー。ありませんありません。始業前とランチタイム、終業後、です。きっぱり。

Q.おさんぽ教の布教活動は順調ですか?
はい、あなたさまが一緒にお散歩してくれたらなおさら☆ ※セクハラ

Q.普段歩き方はどんな感じですか?
なんだこの質問(笑)以前、片足がやや外を向いていると指摘されたことがあります。気付かなかったー。あとは、ちょこちょこしていて、何もないところでよくコケます。


はぁーーー。こんな感じでしょうか。半分は短歌関係なくない!?ねえ、なくない??
たくさんのご質問(+感想やメッセージ)本当にありがとうございました(^o^)
カテゴリ
カレンダー
11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
うたらばブログパーツ
プロフィール

小林ちい

Author:小林ちい
- - - - - - - - -
ようこそお越し下さいました。
お茶はお出しできませんが、
ごゆっくりどうぞ!

FC2カウンター
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。