スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うたらばブログパーツ「男」

田中ましろさんプロデュースのみんな大好きうたらば
第30回のテーマは「男」です。

耳たぶに過去の男をぶら下げて素知らぬ顔で歩く陸橋

草を食む男の視野に根を張ってまっすぐにまっすぐに咲きたい



投稿総数は391首だそうです。読むだけで一苦労だな…。そんな中で2首拾っていただきました。いよいよ何かのフラグが立ってしまいそう。

一首目は2006年に初めて作った連作の、最後から二番目の歌。ちなみにその連作のタイトルが「ゆれる残像」=このブログの名前だったりします。あの頃は連作というものが今以上に分かっていなくて、ただ好きな歌を寄せ集めただけでした。読み返すと笑えます。

二首目は投稿用に新しく詠みました。好きな歌です。
スポンサーサイト

5月のうた

『テナント募集のエチュード』

前の店が出て行つてから丸二年貼りつぱなしの「テナント募集」

貼紙は貼られたまんま忘れられ北風だけが扉を叩く

築三十年で一番華やいだ頃に居たのがあの店であつた

ビルの見る夢はどんなか 華やいだ日々を思つて雨に濡れるか

音楽の鳴る夜があるあの店で流れた曲の追憶として

シャッターに積もる埃よぼろきれで拭へば全て取れるだらうに

希望者が居ないではない、条件が厳しいのでもない、と思ふが

この街のこの色に合ふ店があるさ/信じて待つてまた冬が行く

テナントを募集してゐる此のビルを終の居場所とするテナントを

<未来2012/5月号掲載>

*こんげつのよだん
先にアップしてある「未来から来ました」と同じ号に載っている歌たちです。めずらしく旧かなです。エッセイを見て「どれどんな歌を読むんだろ」と興味を持って下さる方がいたとしたら騙したみたいだなあ…。
今年の初めあたりに詠んだものが中心の、お気に入りの連作です。

未来から来ました

 「未来から来ました、小林です」そう言った瞬間、室内に小さな笑いが起こった。ただでさえ緊張していたのに全身から嫌な汗が出る。(何か変だった?)頭が真っ白になる。

 二月某日、横浜はみなとみらいでその会は開かれた。所謂結社系・ネット系などの枠を超えて歌会をしましょうというツイッターでの呼びかけに、日本各地から集まった参加者は21人。結社や同人誌の集まりでも、仲間内だけの集まりでもないために会は自己紹介から始まった。そして話は冒頭に戻る。前の人に習って所属結社名を言った私の言葉は、まるでタイムスリップしてきた未来人であるかのようにへんてこに響いたのだ。一拍置いてやっと状況が理解できると、私は急速に熱くなる顔をそっと押さえた。

 その夜、ツイッター上では多くの歌人や俳人が《○○から来ました、と名乗るには怪しい結社名》をこぞって考え、呟いた。中には苦笑いしてしまうものもあったが、流石は言葉に敏感な面々。どれもこれも面白い!「子宮」や「墓場」、「その筋」に「FBI」まで。「FBIから来ました」とは確かに怪しい。実際にある結社名では「星座」や「地中海」も面白いだとか、「塔から来た、じゃつまらない」と塔の方が呟いていたり…。中でも思わず唸ったのは「かばんに入っています」という言葉。千葉聡さんがかつて使ったというこのネタ、何とも洒落ていて可愛らしい。(ツイッター上での発言者は山田航さん)
 私の何気ない一言から 言葉を愛する人たちの茶目っ気ある横顔が垣間見えた、不思議で、印象深い出来事だった。

《未来2012年05月号/その日その日》一部修正



上は、二月にみなとみらいで開かれた歌会の後日談 です。ごらんの通り、肝心の歌会の内容については全く触れず、極力お名前も省かせていただきました、すみません。歌をあげて紹介するには字数が全く足りず、そして参加者である沼尻さんが既にレポートを書かれたと知っていたこともあって、別のところに焦点を合わせました。
正直言うと、いまだに未来所属とは言い辛い気がします。反応が怖くてびびってしまう。だからそのものズバリの文章を書くのにもかなり抵抗があったのですが、まあ…あの…書いちゃった。なお入稿前には響乃さんに原稿を見ていただきました。お忙しい中ありがとうございました。いつもお世話になっています(あ、先日はごちそうさまでした)。

みなとみらい歌会、とても刺激的でした。時間の半分はみんなで連作を読み解いたのですが、絵がすっと立体になっていくような感覚があって!自分の読みの浅さを痛感しながらも興奮したなあ。それからもう半分は一首ずつ持ち寄っての歌会。集まった歌に好きなものが多くて、優柔不断な私には投票だけで一苦労でした。ましてやコメントなんて…!私の歌にもあたたかい票やきびしい評が付き、聞きながらも動悸がひどかったです。
私は歌会のみの参加で、膝の震えもおさまらないうちに会が終わってしまったのですが、二次会もすごく盛り上がったようでちょっと後悔しています。

NHK短歌2012年5月

発売中のNHK短歌5月号に佳作で一首載っています。

全身を預けてくれる人といて私は椅子の幸せを知る
 ・・・・・・・・・・・・「椅子」佐伯裕子さん選


少し前に詠んでいた歌を推敲して出したものです。
椅子、好きです。ソファも好き。座るのが好きです。楽だもの。部屋にソファ欲しいなあ。すでに本と服とで埋め尽くされてそんなスペースはないのですが。…いったい何の話。

そして心にも大きなソファを。(名言風)

あ、今号のN短は豪華でした。入選・佳作のページは特に椅子がおすすめ(自分で言う)。また、ジセダイタンカもおすすめです。
カテゴリ
カレンダー
04 | 2012/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
うたらばブログパーツ
プロフィール

小林ちい

Author:小林ちい
- - - - - - - - -
ようこそお越し下さいました。
お茶はお出しできませんが、
ごゆっくりどうぞ!

FC2カウンター
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。