スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12月のうた

『バスタイム』

からっぽの人間なのに思い出が年々溜まって重くなります

服を脱ぎ化粧を落としプライドを見栄を剥ぎやっと裸になれる

憎らしい脂肪をつまむ 恋すれば欲しくなるアフロディテの肉体

触れられた順に体を洗いおり耳の後ろは確か四番目

騒がない シャワーが水に変わってもしみて初めて傷を知っても

バスタブに沈めばこの身一つ分のお湯がこぼれる 後悔はしない

海色の湯舟に揺れて漂えりかいそうのバスはどれも寂しい

絵に描いた大人の女子は湯上がりにコンビニ限定スイーツを食む

<未来2011/12月号掲載>


*こんげつのよだん
バスタイム、なんていうと色っぽく聞こえますが、私の実体はカバの水浴びに近いです(誰がカバやねん)。下から二番目の歌がちょっと意味不明かな。だとすれば、この連作のはじめの方に組み込んであった、海草成分配合の入浴剤を入れる歌がボツになった為です。ふざけた歌だったのでボツは完全に納得なのですが、他に影響が出るというのは一首ごと独立できていないということで猛省してます。
ちなみになんでOLさんは湯上がりにヨーグルトとか食べるのでしょう。私チョコレートの方が良い。(←美意識の低さの露呈)
スポンサーサイト

NHK短歌2012年1月号

発売中のNHK短歌1月号に歌が掲載されています。入選1首です。
放送に続き二回目の紹介ですが嬉しかったのでお許しを。

間奏をいとおしむように「俺と」から続くあなたの言葉を待った
 ・・・・・・・・・・・・「間」佐伯裕子先生選


「よくできた楽しい恋の歌。「俺と」に続く言葉を作者は知っているが、それでもはっきりと聞きたい気持ちが「間奏」に託されている」と評をいただきました。ありがとうございます。4週目の放送だと本に載るまでの期間が短くて良いですね(笑)


また、18日のラジオ「ケータイ短歌」では穂村さんに1首とっていただきました。

 私には見せたことない顔をする隣りに友里がいるってだけで

穂村さんに選ばれるなんてほとんど経験がないので嬉しかったです♪
随分昔の歌の推敲版なのですが、この「友里」ってきっと美人なんだろうなあ(笑)
カテゴリ
カレンダー
11 | 2011/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
うたらばブログパーツ
プロフィール

小林ちい

Author:小林ちい
- - - - - - - - -
ようこそお越し下さいました。
お茶はお出しできませんが、
ごゆっくりどうぞ!

FC2カウンター
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。