スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛の31文字コンクール

ご報告です。
この度、喜多方市熊倉で催された「愛の31文字コンクール」で優秀賞を頂きました。しかも調子に乗って賞状を頂戴しに行ってきました♪
この催しは、いつも投稿させていただいている笹師範のブログで知りました。開催地が福島県だと知った瞬間に出すことを決意!東北人として、復興の祈りも込めてぜひ参加したかったのですo(^ー^)o そして後日、入選の連絡をいただき、即座に行くことを決意!温泉に入りたかったのです(←)。
母に福島行きを伝えたら「お母さんも温泉行きたい」と賛同。そして父も。なんとのんきな家族(笑)。正直、震災の影響で東北の観光地は元気がなくなっていまして。今は少しずつ客足も戻りつつあるようですが、復興を支えるのはやっぱり足を運ぶことかなと。現地に行き、食べて、お金を使う(品のない言い方ですが ※追記記事あり ココ)。そうは思っても、きっかけがないとなかなか行けないね。だから今回は渡りに舟!(温泉旅行を正当化しようとしてる!なんて、気付いても言わないでw)
前置きが長くなりましたが、いただいた賞状と応募した歌です。
kitakata

身を焦がしながら君へと落ちてゆく軌道を逸れた衛星のように

はじめは忘れられたまま漂う衛星の歌だったのですが、ちょうど閉め切り間際にテレビで衛星のパーツ落下のニュースを見まして。
忘れられたまま回りつづけるより、たとえ燃え尽きても引力に引かれるままあなたに少しでも近づきたい!!という気持ちで改作推敲しました。結果、自作の中でもかなりロマンチックかつ情熱的?な歌になった気がします。

表彰式は、地元の公民館祭りの一部として、屋外でにぎやかに行われました。幼稚園児たちの歌あり、よさこいのパフォーマンスあり、隣のテントからは豚汁を調理する香りが漂い、館内ではそば打ちが進行し、盛りだくさん!アットホームで楽しい会でした。ちなみに賞品として、かわいい民芸品やお米、おそば等もいただき、本当に思い出深い旅になりました。久々の温泉も最高だったし、大満足の休日でしたとさ(^^)
スポンサーサイト

NHK短歌2011年11月号

発売中のNHK短歌11月号に歌が掲載されています。
佳作1首です。

 歌うように我の名を呼ぶ声が好き流行りの歌を知らないきみの
 ・・・・・・・・・・・・「流」佐伯裕子先生選

あまーーい!(c)Speedwagon 甘いですね。ひゅーひゅーですね。のどやけますね。
もう小林の名前のうた飽きたよー。と言われそうで本人はびびっているのですが、そもそも昔の歌を知ってる人なんてあまりいないし自意識過剰ですね(^^;) ここで敢えて、
今回の歌+下の2首= 名前3部作/幸せ篇 とでもしておこうかしらどうかしら。
*それぞれ雑誌名から当時の記事へジャンプできます。

 その声が私を呼ぶ時ありふれた名前は二文字だけの詩になる(N短2010年3月号より)

 イの段で終わる名前を持つきみを呼べば自然に浮かぶ微笑み(N短2010年10月号より)

こうやって見ると、名前が好きなのではなく名前を「呼ぶ/呼ばれる」ことが好きなのかもしれません。どの歌でももれなく呼んでます。しつこい(笑)

10月のうた


『reflection』

なぜそんなに澄んでいるのかわたくしのきたなさばかりきわだってくる

さも会えて嬉しいという顔をして私に笑いかける俄雨

「好きです」と言われて「ありがとう」と言うお互い礼儀を知っているので

やさしさを優しさとして受け取れず開いた手からこぼれるシャトル

傷付けてごめんねはじめての人に傷付けられることはごめんで

可哀想な人という名をいただいて以降そう呼ばれる甘んじて

脈絡もなく見返りを求めない手が降りてきて驚いている

はじめてで力加減が分からないけど嬉しくて手を握ります

あたたかい人に抱きしめられたのでそうでない人をあたためてやる

<未来2011/10月号掲載>

10月のうたです。
最近ブログを更新するネタも気力もなく滞っていましたが、1ヶ月以上放置すると勝手に広告が上がってしまうようで慌てて更新しました。
内容は、、、ネクラ露呈月間につきコメントしづらいかもしれません。これを詠んだ7月頃の私どうしたんだ。暗すぎるだろ(←いえ、いつもどおり)
胸キュンを求めていらした方はごめんなさい(←いえ、いないから)
カテゴリ
カレンダー
09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
うたらばブログパーツ
プロフィール

小林ちい

Author:小林ちい
- - - - - - - - -
ようこそお越し下さいました。
お茶はお出しできませんが、
ごゆっくりどうぞ!

FC2カウンター
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。