スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NHK短歌「青」

2011/6/26 NHK短歌 題詠「青」〈入選/佐伯裕子選〉

好きなのはほくろの多い左腕その中をゆく薄青い川

その腕に包まれると私はうっとりしてしまう。

やわらかくうすい皮の下にたんたんと静脈の川は流れ、
あなたという命を浄化し続けているのだ。

・・・・・
新しい選者の方になって初めての入選です。投稿をやめずにいてよかったです。
佐伯先生には、細かいところに着目している点に愛情が表れていると読んでいただきました。例として抱きしめられるシーンを上げてくださったのも嬉しかったです。

*以下裏話*
朝からこんなマニアックな歌を紹介してくださった勇気ある選歌に感謝しております^^;と言いますのも私は手を見るのが好きでして。指や爪も良いんですが、手の甲に浮く骨や、下げた腕に浮き出る血管も美しいと思います(ばらしていいの、マニアックすぎるわよ)。最近は好きが長じて自分の手まで眺める始末(ほんとにいいのか 笑)。ちなみに私自身、右手より左手の方がほくろが多いです。
スポンサーサイト

NHK短歌2011年7月号

発売中のNHK短歌7月号に歌が掲載されています。
佳作1首です。

硝子戸の向こうためらう影があるばかだなあもう怒ってないよ
・・・・・・・・・・・・「扉/戸」花山多佳子先生選


先週7月号を入手していたのに、更新を忘れておりました。
ばかだなあ。
ガラス戸といっても磨りガラスをイメージしています。
カテゴリ
カレンダー
05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
うたらばブログパーツ
プロフィール

小林ちい

Author:小林ちい
- - - - - - - - -
ようこそお越し下さいました。
お茶はお出しできませんが、
ごゆっくりどうぞ!

FC2カウンター
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。