スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NHK短歌「うた」

2010/11/28 NHK短歌 題詠「うた」〈入選〉

夜に星、食卓に塩 産まれくる君の耳にはやさしいうたを

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
●写真家 野町さん
「なかなかスケールのある歌ですね。29歳ですか、これからお母さんになる方ですけども(!)。やさしさのある歌だと思います」

●選者 米川千嘉子さん
「夜には星があり、食卓には塩がある、必ず一緒にあるべきもの。赤ちゃんが産まれたらやさしいうたを、というのがお母さんらしくて良いですね。『やさしいうたを』と広がりのある表現にしたところが、作者の子どもにいろんなものを与えたいと思う気持ちをよく伝えていると思います」

●そして司会 濱中さん 愛あるまとめの一言
「産まれくる命への慈しみのようなものを感じますね」

以上、いただいたコメントです(一部省略/要約)

8ヶ月ぶりの入選です(長かった…)まんまと妊婦説 (ノ∀`)ふふ。
もとは自分を励ますために作った歌「夜に星、食卓に塩、そんなふうに私に短歌(うた)があって良かった」を練り直した一首です。友人(←ポイントw)が妊娠したことへの喜びと、同時に、世界で産まれる子ども達すべてに等しく幸せが降ればという願い(確かにスケールでかいですね 笑)とを合わせて詠みました。でもさ、全国放送で歳バラさなくても良いと思います。一応女性だし!一応…。


夜に星があるように、
食卓に塩があるように、
そんなふうにあたり前に君に幸せをあげたい

眠るときは海の音を
笑うときは風の音を
心細いときは森の音を
いつでもいつまでも
君のまわりにやさしい歌があふれますように   なんてな。
スポンサーサイト

NHK短歌2010年12月号

発売中のNHK短歌12月号に歌が掲載されています。
佳作で3首です。

傷のあることは罪ではないだろうに売り場に残る林檎手にとる
・・・・・・・・・・・・「果物」今野寿美先生 選


持っていることは隠して借りる本「きっと気に入るよ」と笑うから
・・・・・・・・・・・・「本」加藤治郎先生 選


夕食はあなたの好きなものにしてほおばる顔をもらう誕生日
・・・・・・・・・・・・「夕」米川千嘉子先生 選


1首目:ぷち短で以前とっていただいたものの推敲版です。気に入っていたので練り直しました。事実、売れ残りは私ですが。誰か手にとってごらんよ(泣)
2首目:まとまらなくて苦戦しました。こういう歌はわりと「らしい歌だね」と言われます。嬉しいような、だましてて申し訳ないような(´・ω・`)←本性は公にできませんな。
3首目:米川さんに拾っていただけたのは意外でした。思いっきり妄想です(笑)奥さんをイメージして詠みました。
むむむ、しかしながら東さんの壁は厚い。。。
次回もがんばります。

11月のうた

今月のうたです。
お気軽にご意見ご感想お聞かせください。

『Discord』

ジーンズの破れに触れて。それは傷(血こそ流れてはいないけれど)

赤い舌できれいな嘘を吐く人と私を隔てるシャワーカーテン

体温の低い背中に身を寄せる眠りに届かない熱帯夜

野の花を摘み採るような気軽さであなたは愛に溺れろと言う

「何度でも生まれ変われよ。その度に眠るお前に口付けてやる」

Call my name again and again. I'm the one you really need.

雨粒がE♭で降ってきて肌ではじけて和音を作る  *E♭:イーフラット

ノーペイン ノーゲイン、そしてそうやって手に入れたものそれは永遠

熱を持つ肌と心の傷口になじませる無香料化粧水



・・・・・
大人な一面をチラリズム(笑)
8月に作ったので、熱帯夜になっています。もう冬だというのに。
この物語はフィクションです。実在の人物とはあまり関係がありません。

おきらく日記:自己分析とほしいもの

片付けが苦手な、残念な大人です。
もっと正確に言えば、片付けが苦手というより、異常な面倒くさがりなのだけど。

実家を建替える前、子供部屋は6帖ありました。
遊んだのは自分なのに、収納するスペースはあるのに、片付けられない。
弟は私にも増して片付けられない人なので両親の怒りは分散されていたものの、両親の口から「お姉ちゃんを見習ってしっかり片付けなさい」という言葉は聞いた事がないし。

子どもの頃、集中力がないことにかけては金メダル級でした。勉強をしていてもすぐに飽きてしまって、後ろの席の友達に話しかけては先生によく怒られました。そんな人間なので、片付けを始めても集中出来ず、出てきたプリントやら雑誌やらをめくり始めて進みません。

「集中力欠如」「注意力散漫」「だらしない」何度聞いた言葉か…。

大人になったらやがて改善されるだろう、とのんきに構えていたけど
いつになったら治るんですか!
全然兆しが見えてこないんですけど。

「片付け下手」に加えて最近は「集めたがる」ことも私を苦しめており。
本は増える一方、
服も増える一方、
CDやDVDもちょっとした量です。
でも集めたいんだ。手元に置いておきたいんだよ。
好きな音楽や好きな言葉に、思い出したタイミングで自由に触れたい。

さて、どうしたものか。少ない脳みそで考える、片付けられない+集めたがる女一人。
私に今一番必要なもの。
たくさん入る本棚?→いいえ。
大容量のハードディスク?→いいえ。
ウォークインクローゼット?→いいえ。ほしいけど。

「何とかしろよ」とおしりを叩いてくれる相棒。→イエス!

というわけで、「お母さん男子」募集広告でもだそうかしら、な晩秋です。

SS「恋の香り-No.17 ユリの場合」

世界で
一番良い香りだと言われるChandan香の煙に包まれながら、私は目をつむる。
まぶたを閉じて思い描くのは、当然 そうたのことだ。

ずっと昔、私たちが初めて会ったあの春の日に心を馳せる。
延々続くつまらない挨拶を聞きながら、“偉そうに理屈ばかりこねる嫌なヤツ” そう思った。
第一印象は最悪、出会って一瞬で大嫌いになった。

それから
偶然街で見かけたのはいつの事だったか。何気なく入った古着屋の店の奥に、いつものダサいスーツ姿とは違う、私の知らないそうたが居た。
私に気付くと少し驚いた顔をして、やがてふわりと笑う。
簡単だ、
その一瞬で私は恋に落ちた。
落ちながら、私はそうたへと手を伸ばした。
一人で落ちるのはやっぱり悔しかったのだと思う。

「あのとき買ってくれたんだったな」お香から立ちのぼる煙に手をかざして私は呟く。私たち二人は出会うべくして出会った。すべては決まっているんだよ、そうた。

地球上のどこを探しても、私をこれほどまでに切なくさせる人はいない。
誰も、彼がするようには私を悲しませられないし、そうた以外を私は求めない。

そうたは私を上手に傷つける。あきれるくらい爽快に。まるで「お前は大勢の中の一人に過ぎない」というような冷たい態度で、彼は私を突き放す。

傷つくと分かっていても諦められない。切なさが積もって、なおさら愛しくなる。
できるなら全てを委ねてしまいたい。彼の全てを手に入れたい。
たとえそれが世間に、社会に認められないとしても。
だから ねぇ、もう少し私のことを見てよ。
それとも、違う出会い方をしていたら真っすぐに私を見てくれた?

一般論は聞き飽きた。その理性の檻を抜けて、私の手を取って。


ねぇ先生。


━━━━ 汚れなき恋まで社会は罪と呼ぶ あなたを愛するわれは罪人 ━━━━




古いブログから掘り起こしたお話を加筆・修正したものです。
日付は2005年11月。……その頃すでに私、学生じゃないんですけどね(笑)。ちなみにChandanは世界で一番売れている香だそうで、世界一良い香りというのは勝手な解釈です。
カテゴリ
カレンダー
10 | 2010/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
うたらばブログパーツ
プロフィール

小林ちい

Author:小林ちい
- - - - - - - - -
ようこそお越し下さいました。
お茶はお出しできませんが、
ごゆっくりどうぞ!

FC2カウンター
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。