スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

笹短歌ドットコム「虫」

笹師範のブログで3首とっていただきました。
題詠「虫」


・いも虫のように布団にくるまって毎日春を夢見ていたい(小林ちい)

・迷い込んだのがここだったばっかりに君はもうすぐ死ぬよちびクモ

・蚤になり恋人を咬む詩があって私は私のまま君を咬む



難しかったです。
昔は虫好きだったのに、全然詠めるテーマが出てこなくて。
2首目は実話です。逃がしてあげたい気持ちより、再来を恐れる気持ちが強いです(^^;

3首目は学生時代に学んだ John Donne の詩をモチーフにしたかったのですが、ダンの詩は「見てごらん、蚤の中で僕と君の血が混ざってるよ エヘヘ」という(笑)ウィットに富んだ際どいアプローチの内容だったので、蚤というモチーフだけを使うことに。だから「蚤になり恋人を咬む詩」というのはフィクションです。結果ちょっと大人な一首になりました(このブログでは珍しい)。

朝晩ぐっと冷え込むようになりましたね。
お布団の中でぬくぬくもぞもぞしていたい今日この頃です。
スポンサーサイト

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

カテゴリ
カレンダー
09 | 2010/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
うたらばブログパーツ
プロフィール

小林ちい

Author:小林ちい
- - - - - - - - -
ようこそお越し下さいました。
お茶はお出しできませんが、
ごゆっくりどうぞ!

FC2カウンター
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。