スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SS「恋の香り-No.26 絵里子の場合」

 美容師は嫌いだ。オシャレにはひどく敏感で、しかし人の心には恐ろしく鈍感な生き物。一様に、髪を伸ばし髭を生やし、折れそうなほど細い腰と不自然に長い手足。薄い笑顔を浮かべながら、初対面のくせに友達のように話しかけて来る。
「だからオレ思うんだけど、水曜は休みにしちゃえば良いよね、実際」
クリーム状のカラー剤を塗りながら、美容師は大袈裟に肩をすくめて言った。何の話だよと思いながら、私はその視線を避けるように鏡から目を逸らす。
 美容師が嫌いだ。無神経で軽率な男を思い出す。目に掛かるほど伸びたその男の髪は、灰色のようなくすんだ色をしていた。口元には無精髭、不健康に痩せているくせに背はひょろっと高く、いつもへらへらと笑っていた。浩之。浩之はどうしているだろう。もう一年になる。あの性格だ、私のことなど忘れてしまったろう。そんな男を思い出す自分に苛立つ。そして思い出させた美容師に、嫌悪感がまた少し膨らむ。

 出会った当初、浩之はフリーターで、駅から少し離れた雑居ビルの4階にある埃くさいレコード屋で働いていたが、客がほとんど来ないとは言え、気まぐれですぐ休むのでいつの間にかクビになってしまった。クビだってさぁ、と笑う浩之はどこか楽しげにさえ見えた。
「ねぇ、二股かけてるでしょう」そう切り出した時も浩之は笑っていた。いつものようにへらへらと、少しも悪びれずに。
「違うよ、エリコ」長い指が伸びて来て、私の腕を引き寄せる。
「何が違うの。山根が見たって教えてくれた」
「二股じゃない。三、四…四股?」それから私の右耳に囁く「でも一番はお前だから」
耳の中の産毛がぐわっと逆立つのが分かった。
「くたばれっ」考えつく限りの悪態を吐いて、私はその部屋を出た。呆れすぎて涙も出なかった。振り返らなかったし、追っても来なかった。浩之とはそれ以来会っていない。

「はい、おしまーい。イス起こすね」シャンプーを流し終えて美容師が声をかけて来る。その馴れ馴れしい態度は気に入らなかったけど、頭を包み込むタオルの感触は心地良い。彼は深夜番組について話しながら、ごしゃごしゃと私の髪を拭いた。それから淀みない動作で、タオルを絡めた指を 私の耳へ入れようとする。その時、
「やめて。」咄嗟に声が出た自分に驚く。
美容師の動きが一瞬止まり、それから小さく「すいません」と謝るのが聞こえた。
「あの、ごめんなさい。違うんです。少し…くすぐったかったから」
 私が何とか微笑んでみせると、美容師はほっとした表情を浮かべた。そして器用に耳を避けながら、再びタオルドライを始める。

「ありがとうございましたー」
見送る美容師の声を背中に、私は駅へと向かう。アッシュに染めたばかりの髪はまだ特有の刺激臭がした。目にしみるようで思わず歩みを止める。動き続ける町並みの中で今、私だけが立ち止まっている気がした。


━━━それ以来すべてを洗い流したのに右耳はまだ侵されたまま━━━
スポンサーサイト

SS「恋の香り-No.17 ユリの場合」

世界で
一番良い香りだと言われるChandan香の煙に包まれながら、私は目をつむる。
まぶたを閉じて思い描くのは、当然 そうたのことだ。

ずっと昔、私たちが初めて会ったあの春の日に心を馳せる。
延々続くつまらない挨拶を聞きながら、“偉そうに理屈ばかりこねる嫌なヤツ” そう思った。
第一印象は最悪、出会って一瞬で大嫌いになった。

それから
偶然街で見かけたのはいつの事だったか。何気なく入った古着屋の店の奥に、いつものダサいスーツ姿とは違う、私の知らないそうたが居た。
私に気付くと少し驚いた顔をして、やがてふわりと笑う。
簡単だ、
その一瞬で私は恋に落ちた。
落ちながら、私はそうたへと手を伸ばした。
一人で落ちるのはやっぱり悔しかったのだと思う。

「あのとき買ってくれたんだったな」お香から立ちのぼる煙に手をかざして私は呟く。私たち二人は出会うべくして出会った。すべては決まっているんだよ、そうた。

地球上のどこを探しても、私をこれほどまでに切なくさせる人はいない。
誰も、彼がするようには私を悲しませられないし、そうた以外を私は求めない。

そうたは私を上手に傷つける。あきれるくらい爽快に。まるで「お前は大勢の中の一人に過ぎない」というような冷たい態度で、彼は私を突き放す。

傷つくと分かっていても諦められない。切なさが積もって、なおさら愛しくなる。
できるなら全てを委ねてしまいたい。彼の全てを手に入れたい。
たとえそれが世間に、社会に認められないとしても。
だから ねぇ、もう少し私のことを見てよ。
それとも、違う出会い方をしていたら真っすぐに私を見てくれた?

一般論は聞き飽きた。その理性の檻を抜けて、私の手を取って。


ねぇ先生。


━━━━ 汚れなき恋まで社会は罪と呼ぶ あなたを愛するわれは罪人 ━━━━




古いブログから掘り起こしたお話を加筆・修正したものです。
日付は2005年11月。……その頃すでに私、学生じゃないんですけどね(笑)。ちなみにChandanは世界で一番売れている香だそうで、世界一良い香りというのは勝手な解釈です。

ショート「手」

「あいつ帰省してるから暇なんだ。鍋でもしようぜ」
そう言って私を呼んだくせに、さっきから慶太はクッキーと遊んでばかりいる。
「ユリが地元帰ってる間、預かってるんだ」背中で声が聞こえた。私はわざと音を立てて野菜を切り、何も聞こえなかった振りをする。
「猫ってこんなかわいいのな。俺知らなかったわ。まぁ、気分屋なところは飼い主に似てるけど」くつくつと慶太が笑う。全然笑えねーよ。 私は頭の中で悪態をつく。

 火にかけた鍋がぐつぐつと煮えていく。つられるように私の心も次第に泡立つ。

  彼女が居ない時に呼ばれる友達。
  友達って何。
  いっそ言ってしまおうか、ユリの話はしないで。
  いっそ聞いてしまおうか、慶太にとって私って何。

 慶太のたわいない話に相づちを打ちながら、ぼんやりとそんなことを考える。

「どうした?」
 慶太の声が急に近くに聞こえて、私ははっと我に返る。振り向くと、すぐ側にクッキーを抱えて慶太が立っていた。猫の背をぎこちない手つきで撫でてやりながら、心配そうに私を見下ろしている。
「おまえ、具合でも悪い?」
 私は ううん、と首を振ってみせる。
「ほんとに?」
「ほんとだよ。おなかが減りすぎて、ぼーっとしただけ!」そう笑うと私は慌てて慶太に背を向けた。なんだか急に泣いてしまいそうになったのだ。

「じゃあ早く食おう」慶太の大きな手が私の上に降りてくる。
 それは今の私には何よりも幸福な一瞬だ。頭のてっぺんをぽんぽんと撫でて慶太はさも楽しそうに笑う「ほんとおまえって食い意地張ってんなぁ」

 友達。それは私が選んだ関係だ。側に居るために私が選んだ。今更変えられない。

  慶太なんて大嫌いだ。

頭の片隅で悪態をつきながら、私は煮えた鍋を両手でしっかりと掴んで、慶太が待つテーブルへと足を進める。


――― 愛猫の背中を撫でる延長で私に触れるあなたが嫌い ―――

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
うたらばブログパーツ
プロフィール

小林ちい

Author:小林ちい
- - - - - - - - -
ようこそお越し下さいました。
お茶はお出しできませんが、
ごゆっくりどうぞ!

FC2カウンター
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。