スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

未来から来ました

 「未来から来ました、小林です」そう言った瞬間、室内に小さな笑いが起こった。ただでさえ緊張していたのに全身から嫌な汗が出る。(何か変だった?)頭が真っ白になる。

 二月某日、横浜はみなとみらいでその会は開かれた。所謂結社系・ネット系などの枠を超えて歌会をしましょうというツイッターでの呼びかけに、日本各地から集まった参加者は21人。結社や同人誌の集まりでも、仲間内だけの集まりでもないために会は自己紹介から始まった。そして話は冒頭に戻る。前の人に習って所属結社名を言った私の言葉は、まるでタイムスリップしてきた未来人であるかのようにへんてこに響いたのだ。一拍置いてやっと状況が理解できると、私は急速に熱くなる顔をそっと押さえた。

 その夜、ツイッター上では多くの歌人や俳人が《○○から来ました、と名乗るには怪しい結社名》をこぞって考え、呟いた。中には苦笑いしてしまうものもあったが、流石は言葉に敏感な面々。どれもこれも面白い!「子宮」や「墓場」、「その筋」に「FBI」まで。「FBIから来ました」とは確かに怪しい。実際にある結社名では「星座」や「地中海」も面白いだとか、「塔から来た、じゃつまらない」と塔の方が呟いていたり…。中でも思わず唸ったのは「かばんに入っています」という言葉。千葉聡さんがかつて使ったというこのネタ、何とも洒落ていて可愛らしい。(ツイッター上での発言者は山田航さん)
 私の何気ない一言から 言葉を愛する人たちの茶目っ気ある横顔が垣間見えた、不思議で、印象深い出来事だった。

《未来2012年05月号/その日その日》一部修正



上は、二月にみなとみらいで開かれた歌会の後日談 です。ごらんの通り、肝心の歌会の内容については全く触れず、極力お名前も省かせていただきました、すみません。歌をあげて紹介するには字数が全く足りず、そして参加者である沼尻さんが既にレポートを書かれたと知っていたこともあって、別のところに焦点を合わせました。
正直言うと、いまだに未来所属とは言い辛い気がします。反応が怖くてびびってしまう。だからそのものズバリの文章を書くのにもかなり抵抗があったのですが、まあ…あの…書いちゃった。なお入稿前には響乃さんに原稿を見ていただきました。お忙しい中ありがとうございました。いつもお世話になっています(あ、先日はごちそうさまでした)。

みなとみらい歌会、とても刺激的でした。時間の半分はみんなで連作を読み解いたのですが、絵がすっと立体になっていくような感覚があって!自分の読みの浅さを痛感しながらも興奮したなあ。それからもう半分は一首ずつ持ち寄っての歌会。集まった歌に好きなものが多くて、優柔不断な私には投票だけで一苦労でした。ましてやコメントなんて…!私の歌にもあたたかい票やきびしい評が付き、聞きながらも動悸がひどかったです。
私は歌会のみの参加で、膝の震えもおさまらないうちに会が終わってしまったのですが、二次会もすごく盛り上がったようでちょっと後悔しています。
スポンサーサイト

補足

喜多方旅行の記事について追記
先日旅行の記事を上げましたが、それについて補足です。

「食べて応援」という事が各方面で話題にのぼっているようですが、「食べること=良い」ではないのはよく分かります。「食べない」を選択するのは正しいと思います。決して「みんな現地のものを食べようよ」という意図の記事ではないのでご理解いただきたく。

私は守るもののない身(べ、べつに寂しくないぜ)ですので、自由に出掛けたり食べたりしちゃえますが、例えば子どもがいたら変わっていたかもしれません(だだから寂しくはないってば)。
こんな事態はじめてでどうするのが正しいか分からないんですけどね。だから先の記事で、言葉足らずで嫌な気持ちになった方がいたらすみませんでした。
とりあえず食べたいと思ったものを食べましょう。例えば・・・ケーキ!ドーナツ!チョコレート!(太るよってつっこんでくれる人もいないんだぜ)

新年ごあいさつ

2011nenga3

新年あけましておめでとうございます。


昨年は出会いに恵まれ、
また新しい一歩を踏み出した思い出深い一年となりました。
今年も たくさんボケて たくさんの歌を詠んで
実り多い時間にしたいと思っております。

ご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願いいたします。


2011年1月吉日

小林ちい

おきらく日記:自己分析とほしいもの

片付けが苦手な、残念な大人です。
もっと正確に言えば、片付けが苦手というより、異常な面倒くさがりなのだけど。

実家を建替える前、子供部屋は6帖ありました。
遊んだのは自分なのに、収納するスペースはあるのに、片付けられない。
弟は私にも増して片付けられない人なので両親の怒りは分散されていたものの、両親の口から「お姉ちゃんを見習ってしっかり片付けなさい」という言葉は聞いた事がないし。

子どもの頃、集中力がないことにかけては金メダル級でした。勉強をしていてもすぐに飽きてしまって、後ろの席の友達に話しかけては先生によく怒られました。そんな人間なので、片付けを始めても集中出来ず、出てきたプリントやら雑誌やらをめくり始めて進みません。

「集中力欠如」「注意力散漫」「だらしない」何度聞いた言葉か…。

大人になったらやがて改善されるだろう、とのんきに構えていたけど
いつになったら治るんですか!
全然兆しが見えてこないんですけど。

「片付け下手」に加えて最近は「集めたがる」ことも私を苦しめており。
本は増える一方、
服も増える一方、
CDやDVDもちょっとした量です。
でも集めたいんだ。手元に置いておきたいんだよ。
好きな音楽や好きな言葉に、思い出したタイミングで自由に触れたい。

さて、どうしたものか。少ない脳みそで考える、片付けられない+集めたがる女一人。
私に今一番必要なもの。
たくさん入る本棚?→いいえ。
大容量のハードディスク?→いいえ。
ウォークインクローゼット?→いいえ。ほしいけど。

「何とかしろよ」とおしりを叩いてくれる相棒。→イエス!

というわけで、「お母さん男子」募集広告でもだそうかしら、な晩秋です。

ハロウィン

しばらくはハロウィン仕様にお付き合い下さい。
テンション上がるー!
雑貨屋とか見てもかわいいのいっぱい。

カボチャのランタンとか、黒猫、オレンジや紫、
仮装するキッズたちも、甘い香りを漂わすお菓子たちも
見ているとワクワクする!

ちなみに昔、カボチャ頭の男の子が出てくる「オズ」という映画が好きだった(オズの魔法使いのその後を描いた作品)。でも手足に車輪が付いてるモンスター?や、悪い魔女が出てきて、怖かったのを覚えてる。あれ、DVDとか出てるのかな。また見たいです。


甘い甘いお菓子がほしい ハロウィンを待てずに足が向くきみの部屋

↑ 私よ、妄想もほどほどに(笑)

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

おきらく日記:夏の終わり

今年も夏が終わっていきます。
と言ってもまだまだ暑いですが。

大人になってからの私は、小さな頃と違って
なんとなく「去年の繰り返し」みたいな一年を過ごしがちでした。
数年後に振り返ったとき、あれって何年のことだったっけ
と分からなくなるようなオウトツの無い時間。

それでも、全く同じ日々、というわけではもちろんないので
今年もそれなりに 山あり谷あり
出っぱりあり・くぼみありの夏でした(凹凸小さめ)。
大事な人たちが
結婚したり、出産したり、第二子を身籠ったり、
カナダ行きを決めたり、地元へ帰ることになったり。
みんな刻々と新しいステージを進み続けて
私は嬉しかったり、寂しかったり、喜んだり、焦ったり。呆然としたり。

でもこの夏に心強く感じたのは両親の存在。
こんな自堕落の極みのような私を見守っていてくれる。
まぎれもない親のひいき目だけど
「お前は大丈夫だよ」と、いつも背中を押してくれる。

父は、今の私の歳には私と弟という二人の子どもがいて家も建ててました。
私がいっちょまえにたてられるものと言えば、腹ぐらいなもので。
なんとも。

そろそろちゃんと立ち上がりたいなと思っている
アラサーの夏なのでありました。
しんみり。

…してる場合じゃない!来月にはまた歳とってしまうし(泣
2010年も残り4ヶ月、
「今年はこれをやりました」と笑って振り返られる一年にすべく
なんかがんばります。(なんか、って曖昧な 笑)

おきらく日記:セロリの話

セロリが食べられること。

セロリが、一昨年まで見るのも嫌なほど苦手でした。
どこに入れてもはみ出てくる香りの強さが要因です。
主張が強すぎるものは苦手なのです。野菜も。
(このことから三つ葉やセリはいまだに苦手です)

しかし去年、セロリが食べられるようになりました。
なんてことはない
憧れの女性の家で手料理をごちそうになったことがきっかけです。
(ここだけを読むと、どうも誤解を招きそうですが。)

ちょっと年上のその女性は、私の会社のお客さんで、いつも笑顔を絶やさない素敵女子です。私もこんなふうになりたいなあと心底思います。そういう意味の憧れです。
ひょんなことからその方のお宅へ遊びにいくことになり、お夕飯のメニューの中に、例のセロリが出てきたわけです。

「エビとレンコンのセロリ炒め」と呼ぶのでしょうか。中華風の色あざやかな炒め物です。しかし内心、色がどうこう言っている余裕はありません。でもせっかく作ってくれたものだし、セロリが嫌いだとはどうしても言えず、えいや!と覚悟を決めました。

だけど、あれ?
食べてみると何だか食べられたのです。「何だか」としか表現できない自分の語彙が悔しいのですが、パクパク食べられました。美味しいかも、とすら思いました。
(帰宅後、これを一夜の夢で終わらせないため、私とセロリの共存生活が始まるわけですが、今回はそこはどうでもいいので割愛)

で、これで得た教訓と言うのは「今興味がないものでも、違うアプローチをしたら好きになるかもしれない」と言うこと。(当り前か?)それと、好きな人に勧めてもらうのも大きい。単純だから(笑)。
大人になると苦手なものは上手に避けて通り、そうやって避けてもなんとなく生きられてしまうけど、新しいものに挑戦するのって良いですよね。
そのおかげで今この歌が理解できるのです。感謝。

どんな小糠雨よりうつくしい朝のセロリーに振りかける塩 (杉崎恒夫)

はじめのいっぽ

新しい未来のドアをたたく春(こばち心の俳句)

この春から未来に入会しました。
(言ってもうた。おお、ついに言ってもうた 汗)

結社が何なのかもよく知らないままずーっと悩んで怖がって10年も経ってしまいましたが(年バレる)やっと決心がつきました。
・・・否。

実際は どさくさにまぎれて(←得意技)、勢いで入会しました。
このタイミングを逃したらきっと一生決心がつかないだろうと思いました。
力不足はわかってるんです。それでもなんとか短歌の世界の端っこにぶら下がっていたいなあと。それが本音です。

憧れの人に囲まれるのは
刺激的でありながら、同時にきっと、劣位に悩む苦しい時間になると思います。
(すでにもう苦しいざんすよ 笑)
でもそこからなにか一つでも学べることがあればいいなあ。

入会はしましたが何も変わりません。小林はどこへも行きませんよ!(←春日か 笑)
投稿も今まで通りできる範囲で出し、このちゃらんぽらんブログも続けていく予定です。加えて今後は、「未来」に載った歌も紹介していければいいなと思います。......ボツにならない限り(笑)。

お暇を見つけて遊びにきてください;-)
そして今まで通り、感想・アドバイス等いただけたらとても幸せです。

with lots of Love.

小林ちい

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

短歌にお熱、の巻

めずらしく~日記もどきを~書いてみる~。

サラダ記念日から短歌に入ったくせに、ここまでほとんど人の作品を読まず知らずできました。特に文語には苦手意識があって、かなり有名な歌人ですら一首も知らないという現状。自分の無知さにチーン。

そんな私でも、枡野さんのピンクの本「かんたん短歌の作り方」や、穂村さんの赤い本「短歌という爆弾」は持っています(枡野さんのは10年近く前に本屋で一読惚れ。ケチンボの私が即決で本を買うのは珍しい 笑)。おもしろい!!!しかも本文中に引用・紹介されている作品を通して多くの歌人を知り、のちに大好きになる歌にたくさん出会えました(マシュマロとか、マスカラとか、まりあまりあとか、桃の皮とか)。で、そっから芋づる式(笑)にいろんな短歌に出会いました。他の人の歌を読むのが一番の勉強だというので、歌集もちょっとずつ読んでいかなくちゃと思っています。

私はえらく単純な人間なので、自分が好きなタイプの歌に出会うと恋に落ちたようになります。(1)気持ちがルンルン♪になり(悲しい歌のときは悲しくなるが)、(2)でれでれしながら音読、(3)覚えたら生活の中のちょっとした時間(通勤やお風呂や茶碗を洗いながら)に暗唱して楽しみます。この一連の動きを私は「お熱(ねつ)」と呼んでおります。
・・・とここまでが前置き。

ここ最近の「おネツ短歌」をご紹介。

 君かへす朝の舗石さくさくと雪よ林檎の香のごとくふれ(北原白秋)

 せつなさと淋しさの違い問うきみに口づけをせり これはせつなさ(田中章義)

 ひとりでみてしまうひとりでみてしまうひとりでデジタル時計のぞろ目(穂村弘)

 釣り合えよ 今日死ぬ鳥のきょうの日と千年生きる木の千年と(渡辺松男)

 ねむらないただ一本の樹となってあなたのワンピースに実を落とす(笹井宏之)

あれ、全員男性になってしまった(^^;)
1首目は教科書でも目にしていましたが大人になってみて改めて。2首目は友人に教えてもらって&俵万智さんの本で読みました。短歌を知らない友達にもかなり好評です。3首目はぞろ目を見る度に思い出してしまいます。4首目はN短で見て迫力に圧倒されました。5首目は笹井さんの歌の中で今一番好きなものです。

私が知らないだけで、素敵な歌はたーーくさんあるんですよね。短歌を詠む皆さんの「たまらん歌」を訊いてまわりたい今日この頃です。

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

新年のご挨拶

nenga.jpg

あけましておめでとうございます。

昨年はすてきな出会いに恵まれ、沢山の歌を詠み、幸せな一年でした。

今年は歌も(できれば実生活も)ますますキラキラ輝くよう
頑張って行きたいと思います。
適度に。

今年もどうぞよろしくお願いいたします☆


追伸:N短の大会、観覧に行こうと思ってます♪ 今から楽しみです。わくわく。
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
うたらばブログパーツ
プロフィール

小林ちい

Author:小林ちい
- - - - - - - - -
ようこそお越し下さいました。
お茶はお出しできませんが、
ごゆっくりどうぞ!

FC2カウンター
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。